top_img002.gif

がんセンター長  ご挨拶
西岡明人 top_img009.jpg
使命(Mission)
 高知県民に対して、各種がんの標準的、かつ高度な治療を行うとともに、がんに関する相談支援ならびに信頼のおける情報を提供する。

活動目標(Vision)
 高知県民のために、地域連携施設および関連機関と協働して、高知県内で完結する標準的かつ高度で積極的ながん治療を提供すること、さらに、がんに関する信頼のおける、かつわかりやすい情報を発信し、患者さん、ご家族の皆さんが、がんを恐れることなく、不安を持つことなく、自ら治療に参加し、自分らしい生き方ができるように支援する。 top_img009.jpg

 いつも高知医療センターがんセンターに対しまして格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。昨年4月から、森田現副院長の後任としてがんセンター長を拝命してちょうど1年が経ちました。この間大過なく新しい年度を迎えることができましたのもひとえに関係各方面の方々のご協力とご支援の賜と感謝しております。
 高知医療センターは、2006年6月に制定されました「がん対策基本法」に則った体制の構築に努め、2008年2月に高知県で初めての「地域がん診療連携拠点病院」の認定を受けました。がんセンターでは地域がん診療連携拠点病院として、また、高知県におけるがん治療の最後の砦としての使命を全うするべく診療体制の充実に努めております。その中でも特筆すべきことは、来年度のオープンに向けた「新がんセンター(仮称)」の整備であります。具体的には診断機能向上のために新規にPET-CTを導入し、治療機能向上のために2台の高精度放射線治療装置を更新および新規に導入すると共に外来がん化学療法室の充実を図る予定です。また癌患者さんへのサービス向上を目的として「がん相談支援センター」と「がん患者サロン」および「緩和ケアセンター」の充実を予定しております。昨年11月から開始された建築主体工事も順調に進み、放射線治療装置を設置予定の1階部分の基礎工事はほぼ完成しております。またPET-CTや高精度放射線治療装置の機種選定も終了し、導入機器も決定いたしました。
 西岡が専門と致します放射線治療分野においては、IMRT, VMAT, 定位放射線治療といった最先端の放射線治療に対応可能な、最新かつ高性能な放射線治療装置を導入していただけることとなりました。新がんセンターがオープン致しました暁には、県民の皆様に世界最高レベルの放射線治療を提供させていただけるものと自負しております。
 このような新がんセンターの整備を含めて、これからもより高度で充実したがん診療を提供できるように頑張っていく所存でありますので、県民の皆様方、医療機関の皆様方をはじめとする関係各方面の皆様方にはこれからも変わらぬご支援を高知医療センターとがんセンターに賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
平成28年4月1日
がんセンター長 西岡 明人
コーナートップページ