top_img002.gif

緩和ケアチーム
1.緩和医療・緩和ケアとは?
 緩和医療は治療医学、予防医学に次ぐ第3の医学、また21世紀の医学とも言われています。WHOの定義では「緩和医療・緩和ケアとは、治療を目的とした治療が期待できなくなった患者さんに対する痛みなどの苦痛症状の緩和を含めた積極的な全人的医療、ケアである」としています。
全人的な医療、ケアとはなんでしょうか?
全人的医療とは、病気そのものの症状の治療・ケアだけでなく、患者さん本人の社会面、経済面、心理面など、その人をとりまく環境を幅広くとらえながら、それらのケアも同時に行う医療をいいます。
care_009.gif
 緩和ケアは、病気の治癒を目的としたものではなく、その人がその人らしく病気や治療と向き合っていくために、今あるさまざまな苦痛を取り除くことをいいます。
2.緩和ケアの概要および目標
 主治医が、がんそのものの治療を行うとすれば、緩和ケアは疾患およびその治療に伴うさまざまな苦痛の緩和を目標としています。医療センターでは、手術、化学療法、放射線療法などの目的で入院されている患者さん・ご家族を対象とする院内コンサルテーション型の緩和ケアを緩和ケアチームが行っています。
 がんの治療の経過中には、さまざまな症状がみられることがあります。例えば、がんの手術後の痛みやがん自体の痛み、化学療法や鎮痛薬などの副作用からくる吐き気、便秘など、また不安や不眠などの精神症状もみられることがあります。これらの症状があると患者さん自身にとっては苦痛であり、ご家族にとっても負担となり、ひいてはがんの治療にも支障をきたします。
 がんと診断された早期の時点から、緩和ケアチームが主治医や病棟スタッフと協力して患者さん・ご家族のサポートをさせていただくことで、入院治療生活に伴う不安、苦痛などをできる限り軽減するとともに、治療終了後の患者さんの、その人らしい生き方を選択するためのお手伝いをさせていただきます。
3.緩和ケアチームのご紹介
 がんの治療中に起こるこれらの厄介な症状は多彩であり、主治医や看護師だけでは対応できないこともあります。そのため、緩和ケアチームはそれぞれの専門分野の医師、看護師で構成され、症状改善に努めています。必要なケアに応じて、専門薬剤師、ケースワーカー、管理栄養士の方などにもチームの一員として参加していただきます。
 リーダーはペインクリニック科青野医師と、がん看護専門看護師の北添可奈子です。
●青野 寛(あおの ひろし)
ペインクリニック科の青野です。入院生活での痛みなど、患者さんのさまざまな、身体的な負担が少しでも軽減できるようにがんばります。

●北添 可奈子(きたぞえ かなこ)
 緩和ケアチーム専従看護師です。患者さん・ご家族の皆さんの不安や悩みを聴かせていただき、少しでも自分らしく笑顔で過ごすためのお手伝いをさせていただきます。緩和ケアについてスタッフからの相談にも対応いたします。
care_010.jpg
4.緩和ケアチームのご紹介
 緩和ケアチームの診療を希望される場合は主治医、または担当看護師長へその旨をお伝えしていただき、緩和ケアチームに依頼するかたちになります。依頼があれば、専従看護師が依頼のあった当日に患者さん・ご家族のもとへ伺います。専従看護師が緩和ケアチームでご協力できると判断しましたら、どのようなかたちでご協力させていただくかチーム内でできることを検討します。
 依頼のあった当日、または翌日に緩和ケアチームのメンバーが直接入院室へお伺いしてその時点からケアを開始させていただきます。
care_002.gifcare_003.gif
5.緩和ケアチームの特徴
 急性期病院としての使命をおびている医療センターでの緩和ケアチームの役割は、緩和ケア専門のスタッフや、緩和ケア病棟をもっている病院のように最後まで看取る完結型の緩和医療・緩和ケアとは少し異なります。
 医療センターの緩和ケアチームの特徴は、疼痛管理、精神的ケアの専門医、がん専門看護師が同時に加わったチーム医療による短期集中型の緩和医療・緩和ケアであると言えます。
 そして、緩和ケアチームは主治医と協力してがん診療に入るときから、緩和ケア的なこころ・発想をもって、患者さん・ご家族に接してサポートさせていただきます。そして治療が終了し、転院される場合でも、自信をもって緩和ケアを受けられる病院を患者さん・ご家族に紹介し、納得が得られて転院していただけるように努めます。
6.院外の患者さんへ
 医療センターの緩和ケアチームは、現在のところ手術、化学療法、放射線療法などを目的に医療センターに入院されている患者さんが対象になります。体制が整い次第、活動の範囲を外来まで広げていく予定ですが、それまでは院外の患者さんに対しては、ご相談をお受けすることができませんので、ご了承ください。
7.活動報告
平成21年度緩和ケアチーム活動報告(PDF)