ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

メイン画像

循環器内科専攻研修医

2017/01/18

当院循環器科および研修について

高知医療センターには循環器病センターが開設されており、救急救命センターと協力し、高知県における循環器疾患の高度医療を担っております。その中で内科部門を受け持つのが、当循環器科です。当科の特徴としては、症例数の多さもさることながら、他院に比べ幅広い領域で先進的な医療を提供していることです。以下、当科で実施している診療を述べます。(件数などは循環器科のHPをご覧ください。)

1)血管治療

冠動脈疾患はもちろんのこと、末梢動脈疾患のインターベンションも実施しています。近年、末梢動脈への血管形成術(PTA)症例が増加してきています。冠動脈疾患においては、ステント挿入術だけでなく、ロータブレーター治療なども行います。その他、深部静脈血栓症に対するフィルター挿入も実施しています。

2)不整脈治療

カテーテル・アブレーション症例数は四国内では常に上位となっています。近年、心房細動に対する肺静脈隔離術にも積極的に取り組んでいます。その他植え込み型除細動器やCRT-Dの移植も実施しています。

3)心不全、心筋症

積極的に右心カテーテルや生検などを行い、病態の把握や原因検索などに努めております。また、心不全症例には両心室ペースメーカー(CRT-P)植え込みも場合により実施しています。

4)リハビリテーション

心臓リハビリテーションのスペシャリストもおり、心筋梗塞や心臓手術後のリハビリテーションにも力を注いでいます。

5)その他

心臓血管外科や小児循環器専門医とは密接に連携し、症例検討などを行い、お互いの治療に参加することもあります。検査では心臓カテーテル検査だけでなく、非侵襲的検査のエコー、負荷心電図およびシンチなども実施します。
このように、当科ではいろいろな治療や検査を実施しており、後期研修では、循環器科全般にわたり幅広く豊富な経験を積むことができます。

スタッフ

山本 克人(循環器病センター長)
細木 信吾(循環器内科長)
西本 美香(兼画像診断科長)
尾原 義和(医長)
宮地 剛(医長)
古川 敦子(医長)
福岡 陽子(副医長)
吉村 由紀(主査)
高木 航(主査)
西本 隆史(専修医)
飛田 論志(専修医)

取得資格

当院は、循環器学会専門医研修施設、心血管インターベンション学会研修関連施設、超音波学会専門医研修施設となっており、それらの専門医の取得が可能です。また、内科認定医や内科専門医も取得可能ですが、取得のために必要であれば、内科系の他分野に診療科と協力して、プログラムを編成する方針です。

研修期間

3年

募集人員

3名程度

その他

CCU当直があり、救急も多く、ハードな面もありますが、活力あふれた診療科です。他では経験できない臨床的な技術も考え方も身につくと思います。ぜひ、後期研修は当科にきてください。

文責  循環器科長 山本克人



PAGETOP