ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

メイン画像

耳鼻咽喉科

2016/09/13

1.耳鼻咽喉科とは

みなさんが一般に「耳鼻咽喉科」と聞いて思い浮かべる疾患は、
 耳疾患(中耳炎、外耳炎、耳あか、難聴など)
 鼻疾患(鼻炎、ちくのう、アレルギー性鼻炎、鼻出血など)
 咽頭や喉頭疾患(咽喉頭炎、扁桃炎、声帯ポリープなど)
などでしょう。
 では、外耳道癌、上顎癌、咽頭癌、喉頭癌、舌癌はどこで診察を受けるのでしょうか。これらの疾患も耳鼻咽喉科で治療を行います。その他にも突発性難聴などの聴覚障害や嗅覚障害、味覚障害、めまいなどの平衡障害も耳鼻咽喉科で治療を行っています。腫瘍を扱う病院は少なく、開業医の先生にお任せできる疾患の患者さんは基本的にお任せし、当院耳鼻咽喉科では主に手術や特殊検査が必要な患者さんを診察するようにしています。
 当科での受診は原則、紹介予約制をとっています。まずはお近くの耳鼻咽喉科開業医まで、かかりつけの病院から紹介していただき、さらに精査加療が必要と判断された段階で耳鼻咽喉科開業医から当院地域医療連携室に電話をいただき、予約を取られることをお勧めします。診察日は月曜日、水曜日は午前中、木曜日は午後、金曜日は午前・午後です。詳細は外来担当表を参照してください。その他の時間は手術や特殊検査を行っています。

2.担当医紹介

田村 耕三(たむら こうぞう)科長
 経験年数32年 日本耳鼻咽喉科学会専門医

小桜 謙一(こざくら けんいち)主任医長
 経験年数29年 日本耳鼻咽喉科学会専門医

土井 彰(どい あきら)医長
 経験年数21年 日本耳鼻咽喉科学会専門医

福本 晶(ふくもと あき)副医長
 経験年数7年

3.外来予定表

4.手術実績・放射線化学療法同時併用療法実績

  2005年〜2007年 2008年〜2010年
手術総数 805例 873例

(うち鼓室形成術)
91例
 (57例)
110例
 (71例)

(うち内視鏡下副鼻腔手術)
【うち上顎全摘術】 
214例  
(172例)
【3例】
180例  
(168例)
【1例】
口腔咽頭
(うち口蓋扁桃摘出術アデノイド切除術)
【うち舌咽頭悪性腫瘍手術】
202例
(173例)
【23例】
234例
(196例)
【25例】
唾液腺
(うち耳下腺腫瘍手術)
51例
(44例)
52例
(38例)
喉頭
(うち顕微鏡下喉頭微細手術)
【うち喉頭全摘術】
76例
(61例)
【8例】 
 96例   
(74例)
【22例】
頸部
(うち頚部郭清術)
【うち気管切開術】
218例
(36例)
【165例】  
201例
(28例)
【131例】


PAGETOP