ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

メイン画像

臨床試験管理センターについて

2017/07/14

(1) 臨床試験管理センターの概要

自治体病院である高知医療センターは、高知県全域の医療レベルの向上に貢献する役割を担っています。自治体病院としての使命を自覚し、県民・市民の方々に対して『良質な医療を提供する病院』、『県下の医療水準の向上に貢献する病院』を目指しています。
 その一環として、高知医療センターでは積極的に最先端の医療を提供するため、倫理的に優れ、科学的に信頼性の高い『新薬および最新の医療機器の開発』のための『臨床試験(治験)』に取り組んでいます。
 この臨床試験を推進していくため『臨床試験管理センター』を設置し、全診療科において臨床試験に力を注いでいます。試験を安全かつ円滑に行うために、専門的な知識を持った治験コーディネーター(Clinical Research Coordinator:CRC)、治験薬管理者、治験事務局それぞれが重要な役割を果たしています。また医療局、看護局、薬剤局、栄養局、医療技術局、事務局と連携をとりながら、臨床試験を推進しています。
 さらに、当院では独自の臨床研究や他施設との共同による臨床研究にも積極的に取り組んでおり、臨床試験管理センターでは、これらの研究が円滑に行え、医療の発展に貢献できるよう支援していきたいと考えています。

(2) 臨床試験管理センターの組織図


臨床試験管理センターの組織図

(3) スタッフ紹介

スタッフ一同、円滑・迅速で精度の高い治験の実施支援に努めています。


CRC (株式会社アイロムに委託)
 当院では、派遣の形でなく治験に関する支援業務委託契約により、CRCが当院に常駐し治験支援(治験事務局業務等含む)を行う体制をとっています。
 これにより、依頼者、そして当院内(医師、薬剤師、看護、検査、事務等)の継続的で円滑なコミュニケーションを図り、相談・準備段階から、治験実施、モニタリングや監査まで、一貫して円滑で精度の高い治験実施を支援しています。

事務
 治験の迅速・円滑な実施支援を心がけ、契約書や費用面の手続・ご相談を承っています。
 当院での治験審査委員会の新規承認案件は、平均して委員会開催日から7営業日程度で、正式な決裁を経て契約書に押印できる状況となっており、迅速なスタートアップを支援しています。



PAGETOP