ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

メイン画像

看護部門【NICU内でおこなっているケア】

2013/05/27

看護部門【NICU内でおこなっているケア】 

ディベロップメンタルケア

 NICUに入院した赤ちゃんは、静かで暖かな保育器が、自分のお部屋になります。必要に応じて、点滴や心電図モニターなどの器械を体に付けます。できるだけ本来赤ちゃんが過ごすべき胎内の環境に近い状態にするため、赤ちゃんの周囲に丸く囲みを作り保育器内が暗くなるよう保育器を掛物で覆っています。少し早く生まれた赤ちゃんは、子宮外で出会う様々なストレスに対して、適応することができません。赤ちゃんの健やかな発達発育には、様々なストレスから赤ちゃんを守り発達段階にあわせて、環境を整えてあげることが必要です。室内の照明を落として光刺激を減らしたり、音に気をつけながらケアすることで騒音を避け、赤ちゃんにストレスがかからず眠れるよい環境づくりに心がけています。

カンガルーケア

 カンガルーのお母さんがおなかに赤ちゃんを入れて育てるように、早産の赤ちゃんたちをパパやママの胸の上で包んであげる抱っこです。カンガルーケアは、胸に赤ちゃんを縦抱きにして直接肌と肌とが触れ合うように抱っこします。その姿がカンガルーを連想させます。赤ちゃんの体温も保たれ、また、呼吸が安定するなどの利点があることも分かってきました。赤ちゃんとママ・パパとの良いスキンシップの時間でもあり、赤ちゃんへの愛着が形成されると言われています。赤ちゃんの状態が落ち着いてから開始しています。

○○ちゃんの成長記録(受け持ち看護師とご両親との交換日記)


受け持ち看護師とご両親との交換日記

 赤ちゃんの日々の出来事などを担当看護師が中心に書いています。このノートは、ご両親が赤ちゃんへのメッセージや心配事など自由に書いていただき、担当看護師と交換日記のように活用したりしています。両親が写真を撮影して記録している場合もあります。
 

赤ちゃん同窓会

 児が退院してからも関わりをもち支援していきたいとの思いから2001年旧高知県立中央病院NICUの時代より、NICU退院後のファミリーケア及びフォローアップと家族間の交流・情報交換の機会を持つことを目的として、毎年11月に「赤ちゃん同窓会」を開催してきました。
 講演会に加えて毎年2〜3組のご家族に手記発表を依頼し、子供の出生から現在に至るまでの成長の記録とご家族の思い出など、写真をながしながら発表していただき感動と勇気をもらっています。
お楽しみ会やご家族との情報交換の場は、私たちにとっても、子供たちと一緒に楽しく過ごせる時間であり、毎年思い出に残るひとときとなっています。

赤ちゃん同窓会の様子


ご家族の手記発表 講演の様子 ベビールーム

左写真:ご家族の手記発表
真中写真:講演の様子
右写真:ベビールーム


グループワーク お楽しみ会

左写真:グループワーク
右写真:お楽しみ会



キャラクターとの触れ合い プレゼントを渡す様子 イベントの様子

左写真:キャラクターとの触れ合い
真中写真:プレゼントを渡す様子
右写真:イベントの様子



PAGETOP