ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

メイン画像

手術室部門

2018/08/01

はじめに

手術室では大小を含め様々な医療機器が多数配置されています。
特に心臓手術の際には心臓を停める為の装置(心筋保護液供給装置)や手術の間に心臓や肺の代わりを担う人工心肺装置、心臓をリズム良く拍動させるための除細動器や体外式ペースメーカーなど、患者さんの命に直結する高度な医療機器があります。
当院ではそれらの重要な医療機器の操作や管理、保守点検を24時間365日の待機体制で専門の臨床工学技士が行っています。また、人工心肺(メインポンプ)担当者は全員が体外循環認定士を取得しており、患者さんが安心して最善の医療が受けられるよう努めています。


人工心肺システム
人工心肺システム

業務内容

1. 循環制御
a) 開心術時の人工心肺装置操作および管理 
b) 開心術時の心筋保護液供給装置の操作および管理
c) 開心術時の患者体温冷却・加温装置の操作および管理
d) 開心術時の血液濃縮装置の操作および管理
e) 心臓血管外科手術及びその他の外科手術時の自己血回収装置の操作および管理
f) 経カテーテル的大動脈弁置換術時の体外式ペースメーカーの操作
g) 心臓血管外科手術時及び循環器科カテーテル検査治療中、または集中治療室等で発生した急性循環不全に対するECMOの操作および管理
h) 心臓血管外科手術時及び循環器科カテーテル検査または治療中、または集中治療室等で発生した急性循環不全に対するIABPの操作および管理
i) 重症心肺不全患者に対するECMOの操作および管理
j) その他必要な外科手術時における特殊体外循環の操作および管理


循環制御

2.手術時サポート業務

a) ナビゲーション
整形外科でのナビゲーション業務(脊椎・股関節)
脊椎病変に対して手術中に赤外線を利用して取得した脊椎の位置と手術器具の位置関係をモニターに表示することにより術者のサポートを行っています。
人工股関節置換術でのナビゲーションは、手術前に患者さんのCT画像を撮り、コンピューター上で人工股関節を入れた後をシミュレーションして術前計画を立て、計画したとおりに手術が行えるよう立体的な画像で導いてくれるという機器です。
臨床工学技士は機器のセッティング、術中のモニター画面の操作、データの記録を行い、
医師の計画どおり手術が行えるようサポートしています。

 

 

ナビゲーションシステム


ナビゲーションシステム

脳神経外科・耳鼻科でのナビゲーション業務

脳腫瘍摘出術などの手術の際、安全に手術をおこなうために画像支援ナビゲーションが使用されます。脳外科領域の画像支援ナビゲーションは術前にマーキングを付けて撮影されたMRIやCTをナビゲーション装置に取り込み、その画像と実際の患者さんをマッチングさせて術中に脳腫瘍など病変の方向や距離を術者に知らせるためのシステムです。臨床工学技士は、ナビゲーション装置のセッティング、レジストレーション、トラブル対応および保守点検をおこなっています。

b) 神経モニタリング

脳神経外科・整形外科での神経モニタリング業務(MEP・SEP・ABR)

脳腫瘍や脊椎の手術では、運動神経・感覚神経・聴覚神経付近の病変を摘出、修復する場合が
ありますが、患者さんは手術中、全身麻酔で深く眠ってもらう為、仮に手術操作によって神経の障害が起こっていても患者さん自身に確認することはできません。
近年は、術中に患者さんの神経症状の変化を観察可能な装置が開発され、常にモニタリングする
事が可能になりました。
臨床工学技士は神経モニタリング装置のセッティング、術中のモニタリングを行っています。

 

 

神経モニタリングシステム


神経モニタリングシステム

c) 眼科手術
白内障・網膜硝子体手術では傷口0.5mmから手術が行える極小切開手術に対応したコンステレーションビジョンシステムという装置を使用します。
臨床工学技士は眼科用顕微鏡やコンステレーションシステムのセッティング、不具合時の対応を行っています。

 

3.保守管理業務

生命維持管理装置または業務に関わる高度な医療機器において、使用前、使用中、使用後を含めた日常点検と年一回の定期点検を行っています。
日頃の医療機器のトラブルに対しても




平成29年度 業務件数

 

 

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

総計

人工心肺症例

9

8

8

8

5

5

11

5

11

7

6

11

94

ECMO

2

2

2

2

3

1

2

2

7

3

1

3

30

IABP

0

2

2

4

3

2

3

1

7

6

2

2

34

TAVI

3

2

4

3

3

2

2

1

0

3

3

3

29

 

 

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

総計

ナビゲーション
脳外科

5

2

0

1

5

2

2

2

0

3

3

2

27

ナビゲーション
耳鼻科

1

1

4

2

3

4

3

5

4

5

4

3

39

ナビゲーション

整形外科(脊椎)

14

18

17

21

18

16

16

21

17

16

17

19

210

 ナビゲーション

整形外科(股関節)

5

1

4

3

2

2

4

3

2

5

4

3

37

神経モニター

整形外科

1

3

3

1

5

1

2

2

1

1

0

0

20

神経モニター

脳外科

1

2

1

2

1

2

0

0

0

1

2

2

14

眼科手術

19

16

16

12

7

15

14

17

9

1

3

8

137





学会活動・学術関連(過去3年間)

 

発表形式

演題名、学会名、

セミナー名

演者/世話人

学会名

開催場所

開催日

口演

ECMO用カテ台ホルダーの考案

小川 昂己

第30回Jasect四国地方会

高知

2018

座長

一般演題

小川 昂己

第29回Jasect四国地方会

愛媛

2017

主催

高知県臨床工学技士会

体外循環部セミナー

小川 昂己

高知県体外循環セミナー

高知

2017

講演

高知医療センターにおける心臓血管外科・心臓カテーテル領域の臨床工学技士の業務

岡田恒典

徳島文理大学

臨床工学特別講演

香川

2017

口演

外傷性肺損傷に対して

V-V ECMOを使用した経験

津野 美咲

第28回Jasect四国地方会

香川

2016

シンポジスト

脳分離体外循環

小川 昂己

第28回Jasect四国地方会

香川

2016

座長

一般演題

小川 昂己

第28回Jasect四国地方会

香川

2016

講演

高知医療センターにおける心臓血管外科領域の臨床工学技士の業務

岡田恒典

徳島文理大学

臨床工学特別講演

香川

2016

座長

一般演題

小川 昂己

第6回中四国臨床工学会

高知

2016

口演

補助人工心臓業務への

取り組み

岡田 恒典

高知県臨床工学技士会

体外循環部セミナー

高知

2015

口演

TAVIにおける

業務内容と役割

小川 昂己

第27回Jasect四国地方会

徳島

2015

ポスター

TAVIにおける

業務内容と役割

小川 昂己

第54回全国自治体病院学会

函館

2015



PAGETOP