ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

メイン画像

医療機器管理部門

2016/09/30

医療機器管理部門:MECC【medical equipment central control room】(旧MEセンター)

 

はじめに

MECCでは院内で使用されている生命維持管理装置・輸液ポンプ・シリンジポンプ・生体情報モニターの保守・点検・管理業務と高度管理医療機器全般の管理業務を当院専門スタッフにより行っています。当院で所有する高度な知識を必要とする医療機器がいつでも当たり前のように使用できること、安心して患者さんに使用できることが我々の使命と考えています。また、緊急手術時の人工心肺業務・緊急心臓カテーテルへもCEサポーターとして参加しています。


スタッフ

左より川田・田内・濱田

 

院内生命維持管理装置一覧

人工呼吸器 Servo i、EVT4000、ザビーナ、BipapVision、V-60
パラパック(2D、2D-MRI、P200D-MRI)、オキシログ2000
Babylog8000plus、インファントフローシステム(DC,サイパップ)  ハミングV,ゼクリスト2007/IV-10,ジェットベンチレーターJP-1
ハミルトンC2、 Babylog VN500
83台
人工心肺装置 Stockert S5,sarns8000 2台
IABP ACAT-1,datascopeシステム98,datascope CS-100、CS-300 5台
PCPS TERUMO SP-101,Stockert遠心ポンプシステム 3台
持続緩徐式
血液濾過装置
ACH-10,KM-8700、ACH-Σ 5台
多用途
血液処置用装置
KM-8900 1台
多人数用
血液透析装置
DCS-27 9台
個人用
血液透析装置
DBB-73,DBB-26 3台
除細動器 TEC(2513,5531,7631,7731),LP12-HS,LP12B-08,Heart Start XL,MRx
*AED15台
36台
閉鎖式保育器 V-2100G HL,V-2200,V-2200C,インキュi、デュアルインキュi, 19台

2013年5月7日現在


院内生命維持管理装置のラウンド

院内生命維持管理装置のラウンド


管理機器に対する点検

管理機器に対する点検

学会活動・学術関連

 

発表
形式

演題名、学会名、セミナー名

演者/世話人

学会名

開催
場所

口演

無線チャンネル混信の
インシデントによる
管理体制の再構築

濱田政彰

第4回
高知県臨床工学技士会学術セミナー

高知市

ポスター

無線チャンネル混信の
インシデントによる
管理体制の再構築

濱田政彰

第14回
日本医療マネジメント
学会 学術大会

長崎県佐世保



PAGETOP