ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

メイン画像

地域医療センター センター長挨拶

2015/06/19

地域医療センター センター長挨拶


副院長(兼)地域医療センター長  西岡 豊

日頃は高知医療センターとの医療連携にご協力をいただき心より感謝申し上げます。
近年、来るべき高齢化社会、とりわけ2015年問題への対応として、病床機能の分化と連携の推進、在宅医療の推進、地域包括ケアシステムの構築等の医療提供体制の見直しが行われており、地域医療ビジョンが大きく変わろうとしています。このような医療情勢において、地域医療連携を充実させることはますます重要になっていると考えられます。
平成17年3月の高知医療センター開院とともに設置された地域医療センターでは、地域医療機関との連携がより迅速・円滑に行われるように配慮してまいりました。
医療機関の方々に向けての研修会・症例検討会を積極的に開催し、また、各医療機関、郡市医師会の訪問等を精力的に行い、より顔の見える開かれた地域医療センターを目指してきました。おかげさまで平成26年度の患者さんの紹介率は60.3%、逆紹介率は92.1%と高い水準を維持しています。これもひとえに皆様のご支援とご協力の賜物と深く感謝するとともに、改めてお礼申し上げます。また、WEB型電子カルテ閲覧システム「くじらネット」におきましても、利用医登録の先生方が200名を突破しました。今後ますます多くの先生方にご利用をお願いしていきたいと考えております。
ところで、急性期の医療を担う高知医療センターでは、患者さんが身近な診療所や病院の「かかりつけ医」をお持ちになることをお勧めしています。診察や検査が必要な時には「かかりつけ医」の先生から当センターの地域医療連携室へのご連絡、ご紹介をいただければ、それぞれの担当科において迅速な対応をさせていただきます。また、患者さんが当センターで治療や検査を受けていただき症状が安定いたしましたら、「かかりつけ医」で診療を継続していただくようにお願いし、逆紹介を推進してまいります。
これからも高知県の基幹病院の地域医療センターとして、地域医療機関の皆様や患者さんの安全・安心・信頼の確保に向けて、より一層の努力を重ねてまいりたいと考えていますので、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

平成27年6月

副院長(兼)地域医療センター長  西岡 豊



PAGETOP