ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

メイン画像
  • トップページ
  • 胎児超音波外来の予約枠の変更について(平成29年10月〜平成30年3月まで)

胎児超音波外来の予約枠の変更について(平成29年10月〜平成30年3月まで)

2017/09/07

胎児超音波外来の予約枠の変更について(平成29年10月〜平成30年3月まで)

胎児超音波外来担当医師の一時不在に伴い、平成29年10月から平成30年3月までの期間、高知医療センターにおける胎児超音波外来の予約枠を変更させていただきます。また、出生前診断の一部を休止させていただきます。週2回の胎児超音波外来枠は週1回とし、周産期(母体・胎児)専門医が担当します。

具体的には超音波を用いた出生前スクリーニング検査2種類(超音波ソフトマーカーを用いた胎児スクリーニング検査、超音波検査+母体血清マーカーによるコンバインド検査)を休止させていただきます。出生前診断についてのカウンセリングは今まで通り行い、スクリーニング検査として母体血清マーカー検査(クアトロテスト)は現行のまま施行いたします。

受診をお考えの患者さんおよび高知県内の産科医療機関の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。





PAGETOP