ページの先頭です。

メニューを飛ばしてメインへ

メイン画像

地域医療連携研修会

2019/11/12

地域医療連携研修会について

地域医療支援病院の役割の一つである地域の医療従事者の資質向上を図る研修として平成20年7月から開始。現在では、どなたでも参加可能な研修会とし、講演内容も出来るだけ一般の方にもわかりやすいものとなるよう心がけています。

※テーマによっては、一般の方には難しい内容になることもありますのでご了承ください。

 

開催日時

年4回開催予定。

※開催日時は、下記日程表や研修会情報をご確認ください。

 

場  所

高知医療センター 2階 くろしおホール。(他の会場の場合あり)

 

対象・参加方法

どなたでも参加できます。

申込み不要、入場無料です。当日、直接会場へお越しください。

日程表

開催日

講演

第55回地域医療連携研修会
令和元年12月15日(日)
14:30〜17:00(開場14:00)
会場:オーテピア 4階ホール

どうするぜよ脳卒中

(1)「おとうさん!どういたが? 〜脳卒中 早期発見の話」
 ISLS(脳卒中初期診療)チーム 看護師 浜町 美咲

(2)「なったらどうなるぜよ? 〜脳卒中 病気の話」
 脳神経外科 医師 政平 訓貴

(3)「病院で何するがぜよ? 〜脳卒中 救急病院到着後の話」
 脳外科/SCU(脳卒中集中治療室)フロア看護科長 救急看護
 認定看護師 伊藤 敬介

(4)「どんな薬を飲まないかんぜよ? 〜脳卒中 お薬の話」
 薬剤師 嶋村 人澄

(5)「どんな飯があるぜよ? 〜脳卒中 栄養の話」
 管理栄養士 仁木 泉実

(6)「リハビリち、なんぜよ? 〜脳卒中 リハビリテーションの話」
 作業療法士 服部 和代

(7)「こんながで帰らないかんかよ? 〜脳卒中 救急病院から転院及びお家に帰ってからの話」
 医療ソーシャルワーカー 羽方 沙由美

(8)「どればあ、いるぜよ? 〜脳卒中 お金の話」
 医療事務((株)ソラスト) 秋本 愛

(9)「ふだんから、どうしよらないかんぜよ? 〜脳卒中 予防の話」
 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 久保 光恵

第56回地域医療連携研修会
令和2年1月19日(日)
14:00〜15:40(開場13:30)
会場:高知医療センター 2階
くろしおホール

がんの放射線治療について

(1)「がんと放射線、放射線治療」
 がんセンター長 西岡 明人(放射線治療専門医)

(2)「最新の高精度放射線治療システムの紹介」
 放射線治療専門放射線技師 横田 典和

(3)「放射線治療の看護について」
 がん放射線療法看護認定看護師 前川 真弥

 



くろしおホール

【くろしおホール】
講演会や研修、学会などにも使用できるよう各種機器を備えたホールで収容人数は216名です。



くろしお道順

平成24年12月に開催された地域医療連携研修会を高知ケーブルテレビさんに取材していただきました。その取材動画です。
※映像内での今年や昨年という表現は、撮影時点(平成24年)での表現です。

【動画提供】高知ケーブルテレビ



PAGETOP