文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

新型コロナウイルスに関する当院の対応について

関係者のみなさまへ 病院長コメント

関係者の皆様へ

 このたび、高知医療センター内において寝具類貸出し業務を行っている業者の従業員1名が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。
 患者さん及びご家族をはじめとした県民の皆様に多大のご迷惑、ご心配をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。
 現在、当該従業員の濃厚接触者として同じ業者の従業員2名を自宅待機とし、検査を受けております。当該従業員は感染対策をして業務に従事していましたので、濃厚接触者は他にいませんでしたが、接触者に対しては、院内でのランプ法検査により陰性の確認を行う予定です。
 感染の範囲が業者の従業員の一部に限定していることから、当院での外来・入院診療とも通常通り行ってまいります。
 今後も、感染症指定医療機関として、感染防御をさらに徹底して実施し、患者の皆様に安心して治療を受けて頂けるよう引き続き努力してまいりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(1)事案の概要
事業者名 ワタキューセイモア(株)四国支店高知営業所
(高知市北久保9-23)
従業員の概要 30代 女性(寝具類貸出し業務に従事)
(2)感染確認に至る状況
5/31 マスク着用し勤務(同僚2名と食事を共にする)
6/1 マスク着用し勤務。
業務終了前の15時30分頃、検温にて37.2℃あり
同居の弟が陽性と判明
6/2 自宅待機。午前に保健所にてPCR検査を実施。
午後に陽性と判明。
(3)今後の予定

食事を共にした従業員2名について、濃厚接触者として保健所にて検査予定。
(当該2名は5/31から6/2まで当院で勤務。6/3以降は自宅待機。)

令和3年6月3日
高知医療センター病院長 小野 憲昭