文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

病院指標

令和3年度 高知医療センター 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 859 218 286 491 661 991 1814 3101 1936 479

当院は、救命救急センター、総合周産期母子医療センター、地域がん診療拠点病院等の機能を持ち、幅広い年齢層の患者さんを対象に高度急性期医療を提供しています。
年齢別退院患者数でみると、60歳以上の患者割合が多く、全体の約67.6%を占めています。また、総合周産期母子医療センターによる診療体制も整えているため、0~9歳の患者さんも約7.9%を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし
18 18.00 20.57 44.44% 81.33
110310xx99xxxx 急性腎盂腎炎、尿路感染症等
腎臓又は尿路の感染症 手術なし
13.14
060210xx99000x イレウス
ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
9.00
160610xx99xxxx 横紋筋融解
四肢筋腱損傷 手術なし
13.71
100393xx99xxxx 低ナトリウム血症
その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし
10.28

(対象所例:209件)
どの診療科にかかれば良いのかな・・・いくつもの病院で診てもらったがよくわからない・・・といった時は、まず総合診療科が対応します。臓器中心ではなく幅広く診察を行い、治療やアドバイスを行う診療科です。各診療科と連携しており、必要な時は専門の先生へ紹介するなど、転院や退院までサポートしています。
DPCコード別にみると、感染症の誤嚥性肺炎が上位となっています。DPCコードは手術や処置等で細分化されるため、幅広い疾患を診ている総合診療科では、まとまったDPCコードが出にくくなっています。
※DPC病院公開指標では、COVID-19が集計対象外のため、当集計に含まれていません。

血液内科・輸血科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx97x50x 悪性リンパ腫 リツキサン+フィルグラスチム投与 手術あり
非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2-5あり 定義副傷病-なし
72 26.22 31.17 9.72% 70.79
130030xx99x5xx 悪性リンパ腫 リツキサン+フィルグラスチム投与 手術なし
非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-5あり
67 17.40 19.92 0.00% 72.97
130030xx99x4xx 悪性リンパ腫 リツキサン 手術なし
非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり
64 7.20 10.66 0.00% 66.86
130010xx97x2xx 急性白血病 抗がん剤治療 手術あり
急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり
46 33.26 37.46 2.17% 62.17
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 ビダーザ投与 手術あり
骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし
29 16.07 18.76 3.45% 77.17

(対象症例:660件)
血液内科・輸血科では、貧血や血小板減少などさまざまな血液疾患の診療を行っていますが、その中でも多くを占めるのは、悪性リンパ腫、白血病、多発性骨髄腫といった造血器悪性腫瘍です。
当集計では、非ホジキンリンパ腫(悪性リンパ腫)が、血液内科・輸血科で最も多いDPC症例数であり339件となっています。続いて急性白血病96件、骨髄異形成症候群71件となっています。
非ホジキンリンパ腫(悪性リンパ腫)の中でも、リツキサン投与の症例が212件と半数以上を占めています。さらにリツキサン投与の症例の中でも、フィルグラスチムという好中球の減少に対して投与する薬剤を入院中に使用している症例が多くなっています。急性白血病では抗がん剤投与の症例、骨髄異形成症候群ではビダーザ投与の症例が多くなっています。
※手術ありは入院中に輸血やリザーバー埋込みを実施した症例となります。

糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病
妊娠中の糖尿病 手術なし
27 7.85 5.37 0.00% 33.33
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病 インスリン治療あり
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2-1あり
20 12.05 14.41 5.00% 64.35
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病 インスリン治療なし
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2-なし
11 9.73 11.15 0.00% 57.09
100202xxxxxxxx 副腎皮質機能低下症
その他の副腎皮質機能低下症
10 4.50 10.38 0.00% 63.50
110310xx99xxxx 腎盂腎炎、尿路感染症
腎臓又は尿路の感染症 手術なし
13.14

(対象症例:154件)
糖尿病治療では、教育入院や他診療科に入院中の血糖コントロール不良の患者さんの診療を行っています。
DPCコード別にみると、産科と連携し妊娠中の糖尿病に対する血糖コントロールや2型糖尿病に対しインスリンによる薬物療法症例を行っています。
内分泌には下垂体、甲状腺、副腎などがあり、これらの病気を診断するための検査入院を行っています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 脳出血(JCS10未満) 保存的加療
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
51 14.88 18.90 64.71% 69.96
010060×2990401 脳梗塞 エダラボン投与
脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし
32 12.34 15.63 31.25% 71.53
010230xx99x00x てんかん 保存的加療
てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
32 8.38 7.22 15.63% 69.25
160100xx97x00x 頭部外傷(急性/慢性硬膜下血腫等) 手術あり
頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
27 11.78 9.78 18.52% 73.04
160100xx99x00x 頭部外傷(急性/慢性硬膜下血腫等) 手術なし
頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
23 10.09 8.30 39.13% 72.57

(対象症例:520件)
(注)脳梗塞症例のDPCコードは、JCS(意識障害レベルの評価)やmRS(発症前の患者さんの状態)など、様々な項目によりDPCコードが細分化されています。

脳神経外科では脳卒中の急性期診療を積極的に行っており、脳梗塞や脳出血症例が上位を占めています。脳梗塞DPC症例が196件と最も多い疾患であり、次いで脳出血DPC症例が90件になっています。
脳出血症例については、保存的加療(手術を行わない治療)が一般的な治療で、意識障害レベルによりDPCコードが異なり、JCS10未満が51件となっています。治療後は、半数以上がリハビリ目的のため転院となっています。
脳梗塞症例については、脳保護薬であるエダラボンを使用する、3日以内の発症・JCS10未満の症例が32件となっています。
その他、てんかんや頭部外傷治療などの治療も積極的に行っています。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障 白内障手術あり(片眼)
白内障、水晶体の疾患 手術あり
41 5.39 2.71 2.44% 73.02
020150xx97xxxx 斜視 斜視手術あり
斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり
27 3.00 3.11 0.00% 11.15
020110xx97xxx1 白内障 白内障手術あり(両眼)
白内障、水晶体の疾患 手術あり
23 8.35 4.83 0.00% 72.57
020320xx97xxxx 眼瞼・睫毛内反症 手術あり
眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり
17 3.06 3.11 0.00% 33.06
020110xx99xxxx 白内障 保存的加療
白内障、水晶体の疾患 手術なし
2.61

(対象症例:123件)
入院治療において、最も多い疾患は白内障手術症例で、片目手術41件で平均して5日間、両眼手術23件で平均して8日間の入院期間となっています。
また斜視や眼瞼・睫毛内反症の手術症例も多く、平均年齢は斜視の症例で11歳、眼瞼・睫毛内反症の症例で34歳となっています。在院日数は斜視や眼瞼・睫毛内反症ともに3日程度と短期の入院となっています。
この他、全身疾患に関連する眼科疾患など他診療科とも連携を図り治療を行っています。

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 手術あり
慢性副鼻腔炎
47 5.62 6.47 0.00% 62.04
030230xxxxxxxx 慢性扁桃炎 扁桃肥大 アデノイド肥大 等
扁桃、アデノイドの慢性疾患
36 9.03 7.84 0.00% 30.17
030150xx97xxxx 耳下腺・顎下腺良性腫瘍 手術あり
耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり
23 6.48 7.03 0.00% 56.65
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・真珠腫性中耳炎 鼓室形成手術
慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術
22 4.68 7.09 0.00% 41.95
030400xx99xxxx めまい症
前庭機能障害 手術なし
16 6.44 4.92 0.00% 65.13

(対象症例:370件)
一般に言われる耳鼻科疾患(アレルギー性鼻炎、中耳炎等)に加え、腫瘍や突発性難聴、めまいといった疾患を診療しています。
入院症例で多いのは、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下副鼻腔手術症例が多く、6日程度の入院期間となっています。
次いで、慢性扁桃炎に対して扁桃摘出術やアデノイド切除術を施行する手術症例です。平均年齢が30代と若年の患者さんが多くいます。術後7日目に出血を起こすこともあり、平均して9日前後の入院期間となっています。
耳下腺や顎下腺の腫瘍に対する摘出術の症例や、慢性化膿性中耳炎や真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術の症例も上位にあり、5日程度の入院期間となっています。
また、めまい症例の治療も行っており、薬剤投与による6日程度の保存的加療です。

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺癌 気管支鏡検査
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし
76 3.39 3.30 3.95% 72.14
040110xxxxx0xx 間質性肺炎
間質性肺炎 手術・処置等2-なし
32 18.91 18.42 12.50% 68.50
040040xx9900xx 肺癌 保存的加療
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし
16 14.38 13.12 31.25% 75.06
040040xx99040x 肺癌 抗がん剤治療 好中球減少なし
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし
11 3.82 9.07 0.00% 63.09
040040xx99041x 肺癌 抗がん剤治療 好中球減少あり
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-あり
11 4.73 14.96 0.00% 71.36

(対象症例:272件)
呼吸器内科では、肺癌を診断するために行う、気管支鏡検査の症例が最も多くなっています。気管支鏡検査はクリニカルパスを使用し、短期間で安全な医療を提供しています。
間質性肺炎に対する治療を行った症例が2番目に多くなっています。また、肺癌と診断された方には抗がん剤治療も行っており、4番目に多い症例となっています。肺癌に対する抗がん剤治療の症例は、使用薬剤や好中球減少の有無などで細分化されますが、抗がん剤治療全体では56件となります。
肺癌症例のうち、保存的加療の症例が3番目に多く16件となっていますが、これは癌による疼痛や胸水といった症状、抗がん剤の副作用を緩和させるための入院などが含まれます。緩和医療を行う病院へ転院される場合もあります。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺癌 悪性腫瘍手術等
肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
121 8.81 10.47 0.83% 70.31
040040xx9910xx 肺癌 気管支鏡検査
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし
21 2.29 3.30 0.00% 74.86
040040xx99040x 肺癌 抗がん剤治療
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし
14 4.36 9.07 0.00% 70.79
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等
気胸 肺切除術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
9.86
040030xx01xxxx 肺良性腫瘍 胸腔鏡下肺切除術
呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等
8.82

(対象症例:264件)
手術を行っています。
肺癌に対する手術症例が最も多く121件となっています。
肺癌に対する気管支鏡検査や、抗がん剤治療の症例は、症例数は呼吸器内科ほど多くはありませんが、呼吸器外科でも取り扱われることがあります。また、抗がん剤治療の症例は、使用薬剤によりDPCコードが細分化されていますが、抗がん剤治療全体では30件となります。

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9910xx 狭心症・虚血性心疾患 心臓カテーテル検査(CAG)
狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし
279 3.08 3.06 0.72% 71.13
050050xx0200xx 狭心症・虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術(PCI)
狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし
210 4.09 4.36 2.86% 72.16
050210xx97000x 不整脈 心臓ペースメーカ植込み
徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし
81 8.48 10.24 16.05% 78.20
050130xx9900xx 心不全
心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし
56 12.11 17.35 30.36% 83.57
050030xx97000x 急性心筋梗塞 経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)
急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
46 11.70 11.87 6.52% 74.04

(対象症例:1,106件)
循環器内科では冠動脈疾患に対する心臓カテーテル検査(CAG)の患者さんが多く、2泊3日のクリニカルパスを使用し検査を行っています。
心臓カテーテル検査で冠動脈の狭窄が見つかると、冠動脈インターベンション治療(PCI)という血管内に挿入したカテーテルから狭窄を解除する治療が行われます。
冠動脈疾患に次いで、不整脈疾患に対する治療も上位にあり、徐脈性不整脈治療に対するペースメーカー移植術や交換術が81件あります。
心不全症例は心臓のポンプ機能が低下し、血液の循環がうまく動かなくなり様々な症状が現れる状態で、状態に応じて強心薬や血管拡張薬、利尿剤などの投与を行います。
また、急性心筋梗塞による救急入院の患者さんも多く、24時間365日循環器疾患の患者さんの受け入れを行っています。
手術が必要な場合には、心臓血管外科へ紹介となります。

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈硬化症 血管拡張術(PTA)
閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
34 5.29 5.32 2.94% 71.97
050163xx03x1xx 胸部・腹部大動脈瘤 ステントグラフト手術
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2-1あり
29 14.59 15.18 24.14% 78.97
050163xx02x1xx 腹部大動脈瘤 大動脈瘤切除術
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2-1あり
27 18.07 19.66 7.41% 75.59
050163xx01x1xx 胸部大動脈瘤 大動脈瘤切除術
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2-1あり
17 24.29 28.08 23.53% 75.53
050080xx0101xx 心臓弁膜症 開胸手術(弁置換術、弁形成術)
弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり
14 23.86 21.93 0.00% 68.79

(対象症例:272件)
全体では、非破裂性胸・腹部大動脈瘤症例が88件と最も多く、次いで閉塞性動脈疾患症例63件、弁膜症、解離性大動脈瘤症例27件と続いています。
DPC14桁コード別でみると、1番目の閉塞性動脈硬化症に対する血管拡張術(PTA)は、足の動脈が細くなったり(狭窄)、詰まったり(閉塞)して、血流が低下すると、動いたときに足に痛みやだるさ、しびれ等の症状が出現するため、これをカテーテルによって治療する症例となります。
2番目は、非破裂性胸部・腹部大動脈瘤に対するステントグラフト手術症例で、これは大腿動脈に細い管(カテーテル)を挿入して人工血管を大動脈内に留置して破裂を予防します。3番目に腹部大動脈瘤に対する開腹手術症例、4番目に胸部大動脈瘤に対する開胸手術症例が続きます。
5番目は、心臓弁膜症に対する弁置換術、形成術症例です。心臓弁膜症とは、心臓にある弁(大動脈弁・僧帽弁・三尖弁・肺動脈弁)に障害が起こり、本来の役割が果たせなくなった状態のことを言います。弁の開きが悪くなる「狭窄」や弁の閉じ方が不完全となる「閉鎖不全」といったものがあります。

乳腺・甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳癌 乳房切除術
乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1-なし
53 9.42 10.15 0.00% 63.77
100130xx97x0xx 腺腫様甲状腺腫 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術等
甲状腺の良性結節 手術あり 手術・処置等2-なし
46 5.17 7.20 2.17% 52.85
100020xx010xxx 甲状腺癌 甲状腺悪性腫瘍手術
甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの)等 手術・処置等1-なし
35 5.54 8.19 2.86% 58.29
090010xx02xxxx 乳癌 乳房部分切除術
乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)
35 6.26 5.88 0.00% 56.29
090010xx99x4xx 乳癌 抗がん剤治療(パクリタキセル等)
乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり
29 2.72 3.94 0.00% 53.00

(対象症例:284件)
乳腺・甲状腺外科では、乳癌に対する治療を最も多く行っています。
乳癌の症例では、マンモグラフィ・超音波検査などを行い、手術方法を決定した上で乳房の一部を取る乳房部分切除術や、手術中の検査で乳癌から最初に流れ込むリンパ節に乳癌の転移が見られない際には、術後の合併症を避けるためリンパ節郭清(切除)しない乳房切除も多く行っています。診療報酬において乳房の切除範囲・リンパ節郭清(切除)範囲によって細分化されますが、乳癌の切除術全体としては92件になります。また、治療は手術療法に限らず抗がん剤治療、ホルモン療法、放射線治療など多岐にわたります。抗癌剤治療症例は、使用薬剤によりDPCコードが細分化されますが抗がん剤治療症例全体としては49件となります。
甲状腺良性腫瘍については、腺腫様甲状腺腫、悪性腫瘍においては乳頭癌、濾胞癌などに対する手術症例を多く扱っており、初発手術にとどまらず再発手術も積極的に行っています。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 総胆管結石性胆管炎 急性胆管炎等 内視鏡的手術
胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
146 7.34 9.21 14.38% 75.67
060020xx04xxxx 胃癌 内視鏡的粘膜切除術
胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術
49 7.88 7.96 2.04% 75.90
06007xxx97x00x 膵癌 内視鏡的手術
膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
37 7.84 11.68 8.11% 70.19
060060xx9710xx 胆嚢・胆管癌 内視鏡的手術
胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし
36 13.89 12.97 13.89% 76.03
060100xx01xxxx 大腸良性疾患 ポリープ切除術
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
31 3.94 2.65 3.23% 69.00

(対象症例:793件)
消化器内科では、上部下部消化管疾患、膵・胆道系疾患に対して、内科的治療を行っています。
DPC14桁コード別にみると、総胆管結石性胆管炎に対する、乳頭切開術、胆道結石除去術等の内視鏡的治療を行う症例が最も多くなります。
次いで、胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術で、これは早期胃癌に対する治療です。
3・4番目の膵臓・胆嚢・胆管悪性腫瘍では、黄疸等に対する胆道ステント留置術や胆管ドレナージ術といった内視鏡的治療を行っております。また大腸ポリープに対するポリープ切除術も多く扱っています。
救急病院でもあるため消化管出血や炎症性腸疾患に対する救急処置も多く、それぞれに対応した処置や内視鏡検査に加え、外科と連携することで速やかに外科的治療に移行できるのも当院の特徴です。

消化器外科・一般外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx010x0x 結腸癌 悪性腫瘍手術
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 定義副傷病-なし
112 12.22 15.76 9.82% 69.98
060020xx02xxxx 胃癌 胃切除術
胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等
79 15.18 18.34 12.66% 72.54
060050xx02xxxx 肝癌 肝切除術
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝切除術 部分切除等
68 11.82 14.93 8.82% 72.81
060335xx02000x 胆嚢炎・胆嚢腺筋腫等 腹腔鏡下胆嚢摘出術
胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
58 6.02 7.11 5.17% 67.90
060010xx99x40x 食道癌 抗がん剤治療
食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし
56 7.82 9.09 0.00% 69.75

(対象症例:1,696件)
消化器外科領域においては、地域がん診療連携拠点病院としての役割から他の医療機関と連携し、消化器悪性腫瘍に対する手術症例を中心に診療を行っています。手術療法に限らず、抗がん剤治療や放射線療法、血管内治療、保存的治療を含めると、主な疾患では食道癌190件、直腸癌167件、結腸癌164、胃癌145件、肝臓癌119件、膵臓癌98件となります。
また良性疾患に対する手術も多く行っており、胆嚢炎や胆嚢腺筋腫症等に対して行われる腹腔鏡下胆嚢摘出術の症例は4番目に多くなっています。
5番目に多い食道癌に対する抗がん剤治療は、繰り返し行うことが多いため同一患者さんを含んだ件数になっています。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症 前立腺切除術
前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等
67 7.43 8.23 1.49% 73.85
110080xx991xxx 前立腺癌 前立腺生検
前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり
63 2.08 2.50 0.00% 73.35
11012xxx020x0x 尿管・腎結石症等 結石除去術
上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1-なし 定義副傷病-なし
47 6.32 5.56 6.38% 68.26
110070xx03x0xx 膀胱癌 経尿道的手術
膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2-なし
43 6.35 7.02 0.00% 74.12
110420xx02xx0x 水腎症 尿管ステント留置術
水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病-なし
29 2.93 3.99 0.00% 61.69

(対象症例:493件)
泌尿器科がんの診断・治療を中心に、結石や排尿障害など泌尿器全般の診療を行っています。主に前立腺肥大に対する経尿道的レーザー核出術や、前立腺がんが疑われた際に行う前立腺生検を、クリニカルパスを使用し行っています。また、地域がん診療拠点病院としての役割から、悪性腫瘍に対する手術症例が多く占めており、膀胱がん、腎臓がんに対する治療を行っています。
悪性疾患のみに限らず尿路結石除去、結石などが原因で尿路が閉塞されて起こる水腎症に対する手術も多く行っています。
表在性膀胱がんに対しては、尿道から切除用膀胱鏡を挿入し、先端の電気メスでがんを切り取る経尿道的腫瘍切除術を行っており、再発予防として抗癌剤やBCGを膀胱内に注入することもあります。手術療法に限らず、抗がん剤治療や、ホルモン治療、分子標的治療をはじめ放射線療法も併用しています。

腎臓内科・膠原病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎不全
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし
50 7.92 10.39 2.00% 47.70
110280xx02x00x 慢性腎不全 内シャント手術
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
15 3.87 7.87 0.00% 61.80
110280xx9901xx 慢性腎不全 透析
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり
11 12.18 13.74 18.18% 69.09
110280xx02x1xx 慢性腎不全 内シャント手術+透析
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2-1あり
34.08
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群
ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2-なし
20.43

(対象症例:117件)
腎臓内科では総合的に腎疾患管理に取り組み、腎不全、慢性腎炎、ネフローゼ症候群や膠原病治療を行っています。2021年度は慢性腎不全のうち、利尿剤等を使用した保存的加療や検査目的の症例が最も多く50件となっています。また、外来にて個別に栄養指導、生活管理指導なども行っています。
次いで、内シャント造設術や、透析治療の症例が多くなっており、地域の医療機関と密接に連携協力し、効率よく質の高い医療を提供できるようにしています。
ネフローゼ症候群に対する治療では、ステロイドによる体液管理を行い、徐々にステロイド漸減し退院となります。この他、膠原病といわれる全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症がみられる全身疾患による腎疾患(腎炎)の管理も、腎機能が生命予後に関わるため積極的に行っております。

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸癌・体部癌 抗がん剤治療
子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし
57 4.81 4.34 0.00% 59.53
12002xxx02x0xx 子宮頸癌・体部癌(上皮内癌・異形成含む)手術
子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2-なし
45 3.20 3.05 0.00% 41.87
120060xx01xxxx 子宮筋腫 子宮全摘・摘出手術(腹式)
子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等
40 7.78 9.46 0.00% 47.75
120060xx02xxxx 子宮筋腫 子宮全摘・摘出手術(腹腔鏡)
子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等
33 5.58 6.04 0.00% 42.06
120070xx02xxxx 卵巣のう腫 腹腔鏡手術
卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等
32 5.88 6.11 0.00% 44.88

(対象症例:509件)
婦人科では、良性腫瘍(子宮筋腫・卵巣のう腫)や、悪性腫瘍(卵巣癌・子宮体癌・子宮頸癌)、他にも子宮内膜症、骨盤内感染症、更年期障害などの診療を行っています。その中で多く占めるのは、子宮体癌・子宮頸癌と診断された方に行う抗癌剤治療と、子宮頸部の前がん病変、初期病変に対して行う円錐切除術、レーザーを用いた照射手術になっています。悪性腫瘍に対する治療は、手術後の病理組織結果によって抗がん剤治療が必要になることがあり、手術療法に限らず、抗がん剤治療、放射線療法を併用し各診療科と連携して集学的医療を提供することができます。抗がん剤治療目的の入院は繰り返し行うことが多いため、同一患者さんを含んだ件数になります。
次いで、子宮筋腫に対して行う開腹子宮摘出手術と、筋腫核出術40例が婦人科の中で3番目に多い症例になっており、内視鏡を入れて行う腹腔鏡子宮摘出手術症例が4番目に多く33例になります。
5番目に多い卵巣良性腫瘍はDPC診療報酬上細分化されますが、腹腔鏡による卵巣摘出手術を32例行っています。

移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎不全 内シャント手術
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
22 10.64 7.87 22.73% 72.55
110280xx9900xx 慢性腎不全
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし
15 4.87 10.39 6.67% 54.20
110280xx03x0xx 慢性腎不全 シャント血栓除去手術
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2-なし
15 2.20 4.60 0.00% 71.27
110310xx99xxxx 急性腎盂腎炎、尿路感染症 手術なし
腎臓又は尿路の感染症 手術なし
11 8.09 13.14 0.00% 56.18
110310xx97xxxx 急性腎盂腎炎、尿路感染症 手術あり
腎臓又は尿路の感染症 その他の手術あり
24.46

(対象症例:96件)
移植外科では慢性腎不全の根本的治療である腎臓移植手術を中心として、腎移植後の生検、透析のための手術、シャントトラブルに対する治療、腎移植後のフォローアップなどを行っています。
※DPC病院公開指標では、臓器移植は集計対象外となります。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎
急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病-なし
135 5.08 5.83 0.74% 1.81
140010x199x0xx 新生児 出生時体重2500g以上
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし
102 5.33 6.13 0.00% 0.00
010230xx99x00x てんかん
てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
49 4.41 7.22 0.00% 5.96
060380xxxxx00x 感染性胃腸炎
ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし
36 3.14 5.53 0.00% 3.22
150040xxxxx0xx 熱性けいれん
熱性けいれん 手術・処置等2-なし
34 4.18 3.83 0.00% 2.03

(対象症例:700件)
小児科では、小児全般の疾患に対応しており、急性気管支炎などの呼吸器感染患児やてんかん、感染性胃腸炎、熱性けいれんの患児が年間を通して多く入院しています。
また当院は総合周産期母子医療センターに指定されていることから、低出生体重児や先天性疾患などの新生児を受け入れ、高度かつ総合的な医療を24時間体制で行っています。新生児の入院においては産科と連携しており、出生直後から小児科医が携わり診療を行っています。

小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア手術
鼠経ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等
40 3.00 2.78 0.00% 3.75
11022xxx01xxxx 陰嚢水腫手術
男性生殖器疾患 精索捻転手術等
26 2.92 3.77 0.00% 6.00
060170xx02xxxx 臍ヘルニア手術
閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等
19 3.00 7.84 0.00% 1.58
140590xx97xxxx 停留精巣固定術
停留精巣 手術あり
17 3.00 2.99 0.00% 3.29
060150xx03xxxx 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等
5.40

(対象症例:145件)
小児外科で最も多い入院は、鼠径ヘルニアに対して行う手術症例40件になっています。当科では従来の鼠径法に限らず腹腔鏡手術も取り入れています。次いで陰嚢水腫、臍ヘルニア、停留精巣など、一般小児外科手術症例を多く扱っています。
また、当院は高知県内でただひとつの日本小児外科学会が認定した施設であり、小児に関する外科的疾患(脳外科・心臓血管外科・整形外科領域を除く)に対応しています。膀胱尿管逆流症・先天性消化管閉鎖症・腸重積・急性虫垂炎といった多岐にわたる疾患に専門医が対応しており、新生児外科疾患については、産科・小児科と連携し、出生前から診療を開始しています。

産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 既往帝切後妊娠等 帝王切開手術
胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等
142 7.85 9.39 0.70% 34.42
120260xx01xxxx 胎児徐脈・遷延分娩等 帝王切開手術
分娩の異常 子宮破裂手術等
65 7.54 9.38 0.00% 33.68
120170x199xxxx 切迫早産 手術なし(妊娠週数34週未満)
早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 手術なし
42 23.79 21.53 0.00% 31.36
120180xx99xx0x 胎児発育不全等 手術なし
胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 定義副傷病-なし
29 9.14 6.01 0.00% 31.76
120260xx99xxxx 胎児徐脈・遷延分娩等 手術なし
分娩の異常 手術なし
27 6.48 4.72 0.00% 33.11

(対象症例:515件)
当院は総合周産期母子医療センターに指定されていることから、他の産科医療施設と連携し、ハイリスク妊娠の母体紹介を多く受け入れております。当院で扱っているハイリスク妊娠は、切迫早産、前期破水、多胎妊娠、高齢妊娠、胎児機能不全、子宮内胎児発育不全などがあり、中でも既往妊娠や胎児徐脈に対する帝王切開手術が最も多くなっています。
次いで切迫早産や多胎妊娠に対する母体入院管理が多くなっており、在院日数が長くなる傾向にあります。糖尿病や高血圧などの合併症を伴う妊娠においては各科専門医と連携し、早産症例については小児科と連携して診療を行っています。
(注)自然分娩はDPC対象外のため除外しております。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨骨折、観血的手術・人工骨頭挿入術等
股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等
118 15.20 25.32 95.76% 83.72
070343xx99x1xx 腰部脊柱管狭窄症 腰椎変性すべり症、脊髄造影検査
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-1あり
83 2.01 2.68 0.00% 69.89
070343xx01x0xx 腰部脊柱管狭窄症 腰椎変性すべり症、脊椎固定術(後方椎体固定・後方又は後側方固定)等
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2-なし
54 16.74 20.31 53.70% 68.83
07040xxx01xxxx 大腿骨頭壊死 人工関節置換術等
股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等
36 17.42 20.63 61.11% 72.03
070230xx01xxxx 膝関節症 人工関節置換術等
膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等
34 18.65 23.02 76.47% 74.29

(対象症例:982件)
当院の整形外科は、地域の医療機関と連携をとりながら、外傷、関節、骨軟部腫瘍、脊椎などの疾患を取り扱っています。
DPCコード別では、大腿骨骨折の手術症例が最も多く、手術後はリハビリを継続するため、地域の医療機関へ転院していただいています。
次いで腰椎の脊髄造影検査が多くなっています。当院は脊椎疾患が多く、手術症例、検査症例を含めると当集計では408件となっています。

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面骨骨折
顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし
10 4.80 5.16 0.00% 46.50
090010xx04xxxx 乳癌 乳房再建手術
乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等
8.10
080007xx010xxx 皮膚の良性腫瘍 皮膚皮下腫瘍摘出術
皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1-なし
4.01
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍 皮膚悪性腫瘍切除術等
皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2-なし
7.68
070395xx971xxx 壊死性筋膜炎 皮膚切開術等
壊死性筋膜炎 手術あり 手術・処置等1-あり
59.82

(対象症例:128件)
形成外科では、やけど、顔面の骨折、皮膚腫瘍、褥瘡など、体の表面を中心にほぼ全身の手術を行います。
顔面骨折の手術症例が最も多く、入院期間は5日程度となっています。
また、乳癌手術後の乳房再建手術症例や皮膚の悪性腫瘍や良性腫瘍に対する手術も実施しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 97 30 32 28 3 13 1 8
大腸癌 60 83 117 55 12 23 1 8
乳癌 76 53 8 6 9 4 1 8
肺癌 97 22 57 64 4 76 1 8
肝癌 23 15 12 5 4 33 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌と呼ばれる、胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌で入院された患者さんを延べ患者数で集計しました。病期分類はUICC(国際対がん連合)が定めるTNM分類を用いています。
今回の集計で「初発」とは、診断施設を問わず「癌」と診断されて最初に計画された治療(初回治療)のための入院が全て含まれます。「再発」とは、当院・他院を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、初回治療が完了した後、局所再発または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。また、ステージ不明には、癌の疑いで検査入院をした症例も含まれます。
患者数は大腸癌が最も多く、次いで肺癌、胃癌、乳癌、肝癌となっています。
がん検診の推進により、胃癌、乳癌においては早期で発見されるケースが多く、StageⅠ、Ⅱの割合が多くを占めています。胃癌においては内視鏡的治療を行う症例も多くみられます。
肺癌は繰り返し入院治療が必要となる場合が多く、また再発症例も多いことが初発・再発ともに患者数に反映されていると思われます。
肝癌は、再発件数の占める割合が高くなっています。再発する事の多い癌であり、他院にて初回治療施行後再発し、当院にて再発に対する治療を行う場合もあります。
本集計ではステージが0期のものは対象外となっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 41 12.76 76.56
重症 11 15.73 82.82
超重症
不明

20歳以上を対象に市中肺炎(社会生活を送る中で発症する肺炎)の重症度別患者数を表しています。
重症度分類については市中肺炎ガイドラインを使用しています。

中等度~重症に分類される患者数が多く、平均年齢が高くなると、入院期間も長くなる傾向です。
軽症は、肺炎のガイドラインでは外来治療となっていますが、癌や心疾患などの基礎疾患を持っている患者さんもいるため、重症化を防ぐために入院治療となる場合もあります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 185 16.22 77.60 54.73%
その他 16 15.81 73.00 5.97%


国際統計分類(ICD-10)で脳梗塞は「I63」に分類されます。
脳梗塞(I63$)に分類される症例が201件あり、とりわけ発症から3日以内の発症症例が高くなっています。
平均年齢は77.6歳と高齢者が多く、発症3日以内の症例では、tPA溶解血栓量法や血栓回収術、抗血栓療法、急性期リハビリを行ない、平均して16.22日の入院期間で退院となっています。
また、半数以上がリハビリ病院などへ転院しています。早期からMSW(ソーシャルワーカー)が介入を行ない、患者さんやご家族と相談を行ないながら転院調整を行なっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

血液内科・輸血科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 87 3.99 22.60 4.60% 72.06
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 13 8.08 2.00 0.00% 66.77
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 10 0.90 22.00 10.00% 61.50
K9211イ 造血幹細胞採取(骨髄採取)(同種移植)
K9212イ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(同種移植)

(対象症例:142件)
抗悪性腫瘍剤静脈/動脈内持続注入用植込型カテーテル設置術が最も多くなっています。これは、抗がん剤を投与するための器具(リザーバー)を局所麻酔で皮下に埋め込む手術です。皮膚の上からリザーバーに針を刺すだけで確実に薬剤が投与できる、通常の点滴のように安静を保つ必要がないなどのメリットがあります。
また、当院では造血幹細胞移植(自家移植、同種移植)を実施しており、造血幹細胞の採取術も多くなっています。
※DPC病院公開指標では、臓器移植が集計対象外のため、造血幹細胞移植は集計に含まれていません。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 29 0.17 18.93 86.21% 79.66
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 28 2.93 10.93 35.71% 76.14
K1781 脳血管内手術 1箇所 19 0.84 19.58 47.37% 62.95
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 10 3.70 6.80 40.00% 72.80
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの

(対象症例:156件)
急性期脳梗塞の治療ではtPA静脈注射が確立されていますが、さらに脳の大きな動脈閉塞が疑われる場合、tPA投与と同時にカテーテル治療による血行再建術を行っています。早期の脳梗塞に対し、経皮的脳血栓回収術を29例行っており、脳血管にカテーテルを進め血管を塞いでいる血栓を回収する手術になります。この他、脳梗塞の原因となる内頚動脈狭窄症に対する経皮的頚動脈ステント留置術等も施行しています。
脳動脈瘤や脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血に対しては、主にクリッピング手術とコイル塞栓術を行っており、うち脳血管内手術(1カ所)を19例行っています。
転倒等の頭部外傷により、外傷後数週間~数ヶ月の間に脳の表面に血液が溜まる疾患、慢性硬膜下血腫があります。脳が圧迫され、歩行障害や認知障害が起こるため、緊急に血液を吸引し洗浄除去する手術、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術も多くありました。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 64 1.19 4.27 1.56% 72.86
K2172 眼瞼内反症手術 皮膚切開法 16 0.69 1.38 0.00% 34.94
K2425 斜視手術 直筋の前後転法及び斜筋手術の併施 12 1.00 1.00 0.00% 10.33
K2423 斜視手術 前転法及び後転法の併施 11 1.00 1.00 0.00% 14.09
K2424 斜視手術 斜筋手術

(対象症例:111件)
白内障に対して行なわれる水晶体再建術が最も多く行われています。
また、平均年齢が若年である内反症手術や斜視手術も行われています。

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 43 1.14 7.44 0.00% 25.28
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 24 1.04 3.96 0.00% 66.63
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) 15 1.00 3.33 0.00% 57.67
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 12 1.42 43.58 25.00% 73.08
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 12 1.08 4.17 0.00% 59.00

(対象症例:251件)
慢性扁桃炎やIgA腎症に対する口蓋扁桃摘出術が最も多くなっています。
次いで、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術のうち、Ⅲ型の複数の副鼻腔を処理する手術が24件となっています。内視鏡下鼻・副鼻腔手術はⅠ型からⅤ型まで診療報酬における術式が細分化されていますが、すべて合わせると46件となります。
抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込み型カテーテル設置術(リザーバー埋め込み)は、抗がん剤治療の際に使用する機械を、局所麻酔で前腕部皮下などに埋め込む手術です。

呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 21 0.67 16.95 0.00% 70.43
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 止血術
K386 気管切開術

(対象症例:29件)
抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置術が最も多くなっています。これは、抗がん剤を投与するための器具(リザーバー)を局所麻酔で皮下に埋め込む手術です。皮膚の上からリザーバーに針を刺すだけで確実に薬剤が投与できる、通常の点滴のように安静を保つ必要がないなどのメリットがあります。

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 45 1.00 7.82 0.00% 69.73
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 43 1.12 7.91 0.00% 71.74
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 37 1.41 6.65 2.70% 70.51
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)
K5132 胸腔鏡下肺切除術 部分切除

(対象症例:172件)
呼吸器外科では、胸腔鏡下での手術を多く行っています。胸腔鏡下手術の利点は、手術の傷が従来の方法と比べると小さいため、手術後の痛みが少なく、早期に退院することが可能なことです。
疾患は、肺癌に対する手術が最も多くなりますが、気胸や肺の良性腫瘍に対する手術も行われています。

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 128 1.60 3.16 4.69% 71.77
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 49 1.98 6.96 18.37% 80.61
K5481 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの) 高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるもの 40 2.45 4.15 10.00% 76.73
K5461 経皮的冠動脈形成術 急性心筋梗塞に対するもの 37 0.05 20.54 18.92% 72.76
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術 経皮的大動脈弁置換術 30 8.10 8.80 23.33% 85.33

(対象症例:506件)
循環器内科で多い手術は、狭心症などの冠動脈疾患に対して行われる経皮的冠動脈ステント留置術(158件)で、その中でも、「その他のもの」に分類されるものが128件でした。予定入院の場合、2泊3日や3泊4日の入院期間で退院となります。
2番目は不整脈に対して行われるペースメーカー移植術とペースメーカの電池消耗等による交換術で49件となっています。
3・4番目は経皮的冠動脈形成術(115件)で、その中で「高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるもの」に分類されるものが40件、「急性心筋梗塞に対するもの」に分類されるものが37件でした。緊急治療を要する疾患のため、術前日数が0日と入院当日に緊急で手術が施行されています。
5番目の経カテーテル大動脈弁置換術(30件)は、大動脈弁の開口部が狭くなった状態(大動脈弁狭窄症)に対する治療です。外科的手術による治療が有効ですが、ご高齢や他に重い病気がある方などはリスクが高いため、外科的手術より低侵襲な経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)が選択されます。

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 28 0.96 1.11 0.00% 71.57
K5602 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 弓部大動脈 22 2.18 20.55 18.18% 73.00
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) 20 4.50 14.45 10.00% 73.75
K5612ロ ステントグラフト内挿術 1以外の場合 腹部大動脈 15 3.87 8.73 13.33% 78.60
K5551 弁置換術 1弁のもの 14 4.00 20.64 7.14% 74.57

(対象症例:220件)
胸腹部大動脈瘤に対して行う大動脈瘤切除術(65件)が当院では多く行われています。そのうち2番目にあたる胸部大動脈瘤(弓部)に対して行うものが22件、3番目の腹部大動脈瘤に対して行なうものが20件でした。
1番目は、四肢の血管拡張術・血栓除去術で28件で、閉塞性動脈硬化症に対して、血管を拡張し血流を確保するものです。
4番目は、カテーテル治療(34件)によるもので、腹部大動脈瘤に対するものは15件でした。
5番目は、弁置換術(23件)のうち開胸で行う弁置換術で1弁に対して行うものが14件でした。弁の閉鎖不全により血液が逆流する弁膜症に対する手術で、2弁に置換術を行ったり、カテーテル手術も施行しています。

乳腺・甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術 片葉のみの場合 43 1.09 3.02 2.33% 53.33
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 36 1.00 6.81 0.00% 65.86
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 35 1.00 4.26 0.00% 56.29
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの) 17 1.00 2.94 0.00% 55.71
K4641 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術 副甲状腺(上皮小体)摘出術 14 1.00 2.79 7.14% 71.93

(対象症例:217件)
乳腺・甲状腺外科においては、甲状腺の良性腫瘍の手術症例を最も多く行っています。
乳癌に対する手術は、主に乳房温存手術と乳房切除手術があり、がんのしこりや広がりに合わせて手術方法を選択します。切除方法や切除範囲、リンパ郭清(切除)の有無によって診療報酬における術式が細分化されますが、すべて合わせると92件になります。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 97 0.61 8.55 16.49% 73.51
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 53 1.26 9.00 16.98% 78.74
K654 内視鏡的消化管止血術 47 0.28 6.96 14.89% 74.70
K6872 内視鏡的乳頭切開術 胆道砕石術を伴うもの 35 0.89 6.43 17.14% 75.74
K6851 内視鏡的胆道結石除去術 胆道砕石術を伴うもの 27 0.89 4.44 11.11% 73.78

(対象症例:501件)
消化器内科では、内視鏡的手術を中心に治療を行っています。
内視鏡的胆道ステント留置術が最も多く、総胆管結石の他、胆管癌や膵癌などの悪性腫瘍に対しても行う場合があります。結石や腫瘍などにより胆道に狭窄があると胆汁がうっ滞し黄疸などを引き起こすため、ステントを留置し十二指腸へ胆汁を流します。
次いで内視鏡的乳頭切開術が多く、これは主に総胆管結石性胆管炎に施行されます。内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)を行い結石を確認した上で、胆管が十二指腸とつながる部分(十二指腸乳頭部)を切開し、その部分からチューブを挿入し結石を除去します。結石が大きい場合はさらに結石を砕いて除去することがあり、砕石術を伴う乳頭切開術は4番目に多くなっています。また、十二指腸乳頭部の切開を行わず、砕石をして結石を除去する場合もあり、胆道砕石を伴う内視鏡的胆道結石除去術は5番目に多くなっています。
3番目に多いのは消化管の出血部位に対して止血クリップや焼灼、薬液の注入などで止血する内視鏡的止血術で、術後1週間程度で退院することが多くなっています。

消化器外科・一般外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 147 3.10 10.05 12.93% 71.46
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 118 0.95 4.34 9.32% 67.53
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術 低位前方切除術 69 2.57 12.28 8.70% 67.78
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 67 0.39 3.63 7.46% 71.37
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 52 1.46 11.77 11.54% 72.42

(対象症例:1,319件)
消化器外科・一般外科では、地域がん診療拠点病院としての役割から消化器悪性腫瘍に対する手術症例を多く扱っており、最も多いのは腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術で147件となっています。
また、身体への負担の少ない腹腔鏡下手術を積極的に行っており、胆のう炎や胆石症に対して行う腹腔鏡下胆嚢摘出術は、118件と2番目に多い手術となっています。
3番目は腹腔鏡下直腸切除術で69件となっていますが、直腸切除術は術式が細分化されており、低位前方切除術以外の術式や開腹手術を含めると、直腸切除術全体では116件となります。      
また、癌による閉塞性黄疸などに行われる内視鏡的胆道ステント留置術や、胃癌の腹腔鏡下胃切除術も多くなっています。 

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除・蒸散術 ホルミウムレーザー又は倍周波数レーザーを用いるもの 68 1.29 5.56 2.94% 73.93
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 47 0.62 4.55 14.89% 65.21
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 45 1.40 3.64 2.22% 67.40
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 44 1.05 4.41 0.00% 74.36
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 30 1.10 8.97 3.33% 68.30

(対象症例:343件)
泌尿器科においては、前立腺肥大症手術を最も多く68例行っています。主にレーザーを使用して肥大した前立腺を核出する、ホルミウムレーザー前立腺核出術(HOLEP)を積極的に行っています。
次いで尿管狭窄に対して行う経尿道的尿管ステント留置術が47例となっており、泌尿器科に限らず各科専門医と連携しながら治療を行っています。
尿路結石除去術が3番目に多く45例になっており、内視鏡を尿道から膀胱、尿管へと挿入し、結石を確認してレーザーなどで少しずつ砕石する術式になります。
また膀胱がんに対しては内視鏡手術を中心に、癌を一塊として切除する経尿道的切除術を積極的に行っています。膀胱がんは再発率が高いことから再発腫瘍に対する手術も含まれています。
その他、腎臓がんに対する腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術など、腹腔鏡下手術を中心に、小切開よる手術や開腹手術も行っており、個々の症例に応じて適切な手術方法を提示しております。

腎臓内科・膠原病科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術 単純なもの 21 6.81 16.62 19.05% 66.29
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 初回
K6121ロ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(静脈転位を伴う)

(対象症例:33件)
慢性腎不全に対する内シャント造設術があり、他科の協力のもと、手術を行っています。

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 50 1.10 4.08 0.00% 51.32
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 44 1.02 4.02 0.00% 42.84
K877 子宮全摘術 41 0.95 6.78 0.00% 49.88
K867 子宮頸部(腟部)切除術 33 1.42 1.00 0.00% 43.67
K879 子宮悪性腫瘍手術 22 1.09 8.86 0.00% 57.36

(対象症例:328件)
婦人科において、子宮筋腫、子宮腺筋症など良性疾患の根治手術として行う子宮摘出術は婦人科において最も多く行う術式であり、腹腔鏡による子宮摘出術は50例と、開腹による子宮摘出術が3番目に多く41例となっています。良性疾患以外にも子宮頸部の前がん病変、初期病変に対して行う場合があります。
また、2番目に多い子宮附属器腫瘍摘出術は、良性の卵巣腫瘍、卵巣のう腫に行う手術であり、腫瘍だけを取り除く核出術や、附属器を摘出する場合があります。
4番目に多い子宮頸部切除術は、子宮頸部の前がん病変、初期病変に対して行う診断かつ治療目的の膣式手術になります。
子宮体癌・子宮頸癌に行う子宮悪性腫瘍腫手術が22例と5番目に多くなっており、悪性疾患の根治手術として行います。

移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術 単純なもの 14 1.14 6.21 35.71% 74.86
K779-3 腹腔鏡下移植用腎採取術(生体) 13 4.85 7.31 0.00% 59.46
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 初回 10 0.10 1.10 0.00% 70.40
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈
K6072 血管結紮術 その他のもの

(対象症例:58件)
移植外科では慢性腎不全の根本的治療である腎臓移植手術を中心に実施しています。
DPC病院公開指標では、腎移植術が集計対象外のため除外されていますが、2021年度は年間13例の生体腎臓移植手術を行っています。そのため腎臓移植を行うための、腎移植ドナーからの腹腔鏡下腎採取術を13例行っています。
また、透析のためのシャント設置手術や、シャントトラブルに対する治療、移植手術を受けた患者さんのフォローアップも行っています。透析シャントは時に閉塞や狭窄をすることがありますが、拡張、血栓除去などの血管内治療を行うことで長期間使用可能になり、紹介元の医療機関へ転院される患者さんが多くなっています。

小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 32 0.97 1.03 0.00% 3.72
K8351 陰嚢水腫手術 交通性陰嚢水腫手術 18 1.00 1.00 0.00% 3.50
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 18 1.00 1.00 0.00% 1.61
K836 停留精巣固定術 17 1.00 1.00 0.00% 3.29
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)

(対象症例:132件)
小児外科において最も多い手術は開腹による鼠径ヘルニア手術で32件となっています。鼠径ヘルニアは、お腹の中の臓器が鼠径部から脱出してしまう疾患であり、当科では従来の鼠径法に限らず腹腔鏡手術も取り入れています。
次いで陰嚢水腫手術、臍ヘルニア手術、停留精巣固定術を多く扱っており、2泊3日の入院期間で治療することができます。
他にも高度な手術技術を要する新生児外科症例(鎖肛など)、小児泌尿器症例(膀胱尿管逆流症など)、小児救急疾患(腸重積・急性虫垂炎など)、といった多岐にわたる疾患に専門医が対応しています。腹腔鏡手術を取り入れ、「お腹の傷は心の傷になる」ことを心に留め侵襲の少ない、できるだけ傷跡が残らない手術を心掛けています。

産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 158 5.81 5.08 0.63% 34.43
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 121 4.55 5.15 0.00% 33.29
K9062 子宮頸管縫縮術 シロッカー法又はラッシュ法 13 1.08 6.15 0.00% 34.85
K9091イ 流産手術 妊娠11週までの場合 手動真空吸引法によるもの
K901 子宮双手圧迫術(大動脈圧迫術を含む。)

(対象症例:344件)
県内の周産期医療の基幹病院として、他の産科医療施設からの紹介患者さんや緊急母体搬送にも対応しており、主にハイリスク妊娠や胎児異常を有する妊婦を多く受け入れています。
既往妊娠や骨盤位、子宮内胎児発育不全に対する予定帝王切開手術を158例行っています。また、ハイリスク妊娠は異常分娩になることが多く、緊急帝王切開手術の症例が121例となっています。
頸管無力症に対して行う子宮頸管縫縮術も多く扱っており、積極的に妊娠初期での縫縮術を実施し、流産、早産の防止に努めています。
(注)自然分娩はDPC対象外のため除外しております。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 108 1.83 10.93 83.33% 79.37
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定 83 3.07 15.33 78.31% 71.75
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 69 1.20 16.03 68.12% 72.68
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 41 2.05 14.76 58.54% 72.51
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 40 1.90 12.18 95.00% 82.80

(対象症例:699件)
大腿や上腕の骨折に対する手術で、骨折観血的手術が最も多く108件となっています。
次いで脊椎固定術の後方又は後側方固定が83件ですが、脊椎固定術は診療報酬により術式が細分化されるため、すべて合わせると185件と整形外科で最も多い手術となります。
また、膝関節や股関節の変形性関節症などに対して行う人工関節置換術や大腿骨骨折などに対して行う人工骨頭挿入術も多くなっています。
整形外科は地域の医療機関と連携しながら診療を行っていますので、術後はリハビリ継続などを目的に転院をしていただくことも多くなっています。

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 15 0.80 6.87 0.00% 74.40
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
K0022 デブリードマン 100平方センチメートル以上3,000平方センチメートル未満
K0101 瘢痕拘縮形成手術 顔面
K0102 瘢痕拘縮形成手術 その他

(対象症例:109件)
形成外科では、皮膚の悪性腫瘍に対して行う腫瘍切除術が最も多くなっています。併せて皮弁の作成や植皮を行う場合もあります。また、乳癌手術後の乳房再建手術や顔面やその他の部位の瘢痕拘縮形成手術も行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 11 0.10%
180010 敗血症 同一 22 0.20%
異なる 16 0.15%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 50 0.46%
異なる

「入院契機病名と同一」とは、入院時すでにその疾患と診断されている患者さんであり、「入院契機病名と異なる」とは、別の疾患で入院となったが、入院経過中に、これらの疾患状態となり、入院時の疾患より医療資源を投入した場合を意味しています。
発生率は全症例(2021年度の退院患者数)に対する割合を算出しています。

敗血症とは、感染により血液中に細菌が入り、全身に広がり臓器障害が起こります。当院では、様々な基礎疾患を持った患者さんが感染により重症化し緊急入院する場合や他院で発症した患者さんが重篤化し、当院へ転院となる場合もあります。
手術・処置等の合併症については、ほとんどが入院契機病名と一致しており、手術や処置等の合併症を主訴として来院、入院して治療を行なっています。合併症は少なからず起こってしまうもので、手術や処置前に患者さんに十分説明を行ない同意をいただくよう努めています。

更新履歴
2022年9月29日
「病院情報の公表」 更新