文字サイズ: 標準 拡大
背景色:
  • HOME
  • 第18回日本医療マネジメント学会高知県支部学術集会

第18回日本医療マネジメント学会高知県支部学術集会

ポスター

学術集会会長挨拶

病院長 小野憲昭

 2022年10月23日(日)に第18回日本医療マネジメント学会高知県支部学術集会を高知医療センターを会場にオンライン開催いたします。このような会を開催させていただくことを光栄に存じ、機会を与えていただきました多くの皆さまに深く感謝申し上げますとともに、学術集会の開催にあたり、ご挨拶申し上げます。
 本学術集会は毎年8月下旬に開催されており、第18回は前病院長の島田安博会長が2020年8月開催に向け準備をしておりましたが、2020年1月に起こりました新型コロナウイルス感染症の流行・まん延で、延期を余儀なくされておりました。しかし、日本医療マネジメント学会が扱う課題は、病院経営・病院運営、医療安全、感染対策、クリティカルパス、地域連携、チーム医療、他職種との連携等々、まさに現代の地域医療に密接に関わる内容ばかりであり、今回テーマとして決めておりました「働き方改革」に関しても、まさに「待ったなし」の時期となっておりますことから、今年は是非とも開催したいと準備をしてまいりました。
 今回の学術集会のテーマには「待ったなし 働き方改革!」を掲げて、島田前病院長の思いを引き継ぎ、小生が務めさせていただきます。
 特別講演には、岡山大学病院ダイバーシティ推進センター 片岡仁美教授をお招きいたします。医師の働き方改革の直近の課題としては、時間外労働の削減あるいは宿日直許可申請、他院での兼業など議論されている中ではありますが、そもそも仕事とプライベートを両立させた働き方を実現するというワークライフバランス(仕事と生活の調和)への取組みが医療機関のみならず世の中全体の課題であります。「仕事にやりがいを見出しながら、社会の一員として働く時間」と「子育てや介護、また自身を高めるために必要なプライベートな時間」、そのどちらも充実した生き方を実現するということにつながると思います。岡山大学で医療従事者の働き方改革を推進し、キャリア支援などを行う組織として設置された「ダイバーシティ推進センター」で中心的に取り組まれている片岡先生のお話を伺えることは医療機関すべての職員の皆さまに考えていただく良い機会になるものと考えます。
 3年ぶりの開催で課題は3年分山積みされている中、まだ新型コロナウイルス感染症の終息には至りそうにありませんので、オンライン開催を中心として行うことにさせていただきます。
 皆さまにとって多くの方々との交流、学術集会における情報収集・共有ができますよう準備を進めてまいりますので、多くの皆さまのご参加をお待ちしております。慣れないオンライン開催で不行届きな点も生じるかもしれませんが、何卒ご容赦願いたいと存じます。どうぞよろしくお願いいたします。
 最後になりましたが、本学術集会を開催するにあたり、ご指導賜りました支部長・役員の先生方、ご協力いただきました会員の皆さま、協賛・寄付を賜りました企業・病院の方々、当院職員をはじめ、準備に尽力していただきましたすべての方々に御礼申し上げます。

第18回日本医療マネジメント学会 高知県支部 学術集会 会長
小野憲昭(高知医療センター 病院長)

開催概要

会議の名称

第18回 日本医療マネジメント学会高知県支部学術集会

開催日

2022年10月23日(日)

会場

高知県・高知市病院企業団立高知医療センター(オンライン開催)

学会テーマ

「待ったなし 働き方改革!」

参加対象者

医療関係者(医師、薬剤師、技師、看護師、事務職員、医療学生、医療関係企業 等)

学会の目的と開催意義

 本学会は、医療の質の向上に寄与することを目的として設立され、医療安全、感染対策、医療連携、クリティカルパス、災害医療など、医療マネジメントにかかわる多くの課題を論じ、医療現場を重視した実学的な学会である。
 医師、看護師だけでなく事務職員の他、病院に関わる多くのメディカルスタッフが参加し、医療に関する諸問題及び医療の質向上について研究し、活発な意見交換・交流を行い、高知県の医療に多大なる貢献を図ることを目的とする。

日程表・プログラム

プログラム(予定)

8:50~9:00 開会挨拶(小野 憲昭 学術集会会長)
9:00~11:00 一般演題発表
11:00~12:00 特別講演
講師:片岡 仁美(岡山大学病院ダイバーシティ推進センター教授)
「働き方改革:システムとマインドセットを変えよう」
12:00~12:30 休憩
12:30~16:50 一般演題発表
16:50~16:55 次回学術集会会長挨拶(川井 和哉 近森病院副院長)
16:55~17:00 閉会挨拶(堀見 忠司 支部長)

プログラム・抄録集

 プログラム・抄録集は、印刷配布は行わず、ダウンロード方式による事前配布を行います。
 【10月上旬掲載予定】

参加者へのご案内・事前参加登録

1.WEB開催のご案内

1)配信内容

ZoomウェビナーによりLIVE配信を行います。配信会場である高知医療センターへのご来場はご遠慮ください。

2)参加方法

事前参加申込が必要です。参加登録を完了された方に、開催日の1週間前を目途に、メールにてご案内します。 Zoomウェビナーに参加する際は、参加登録を行った氏名・メールアドレスで参加してください。 プログラムは2会場同時配信を予定しており、会場ごとに配信URLが異なります。会場間を移動する場合は、参加中の会場から一度退出し、もう一方の配信URLから参加してください。 演題に対する質問等を行う場合には、ZoomウェビナーのQ&A機能や挙手機能(発言許可)を使用していただくことを予定しています。チャット機能は事務局への連絡等の際に使用していただくことを予定しています。 時間の都合等により、Q&A機能等でいただいたすべての質疑・討論等に対応できない場合がありますので、予めご了承ください。 プログラム・抄録集は、印刷配布は行わず、ダウンロード方式による事前配布を行います。

2.参加登録について

1)参加費

ご入金後の取り消しや払い戻しはできませんので、予めご了承ください。

学会会員:500円

「学会会員」とは、「日本医療マネジメント学会」の「一般正会員」を指します。 一般正会員の方のみ、参加費が500円となります。

学会非会員:1,000円

「日本医療マネジメント学会」の「一般正会員」でない方は、「学会非会員」に該当します。 ご所属の施設が「賛助会員」であっても、参加者は、「学会会員」にはなりませんのでご注意ください。

医療系学生・研修医:無料

学生及び初期研修医(歯科研修医を含む)の方は、下記の参加申込を行っていただく際に、所属する大学・大学院・病院名を記載してください。(事務局において確認を行う場合があります。)

2)支払方法

Yahoo!JAPAN_IDでログインして参加登録を行う場合は、以下の①②③の支払方法が利用可能です。ログインせずゲストとして参加登録を行う場合は①の支払方法のみ利用可能です。

  1. クレジットカード決済
    お支払方法選択画面にて、クレジットカード決済を選択すると、決済専用のページが表示されますので、画面の案内に従い、決済手続きを行ってください。VISA・Mastercard・JCB・AMEXのクレジットカードが利用できます。(※お支払いは1回払いのみとなります。)
  2. コンビニエンスストア決済
    お支払方法選択画面にて、コンビニ決済を選択すると、決済専用のページが表示されますので、画面の案内に従い、決済手続きを行ってください。ローソン・ミニストップ・ファミリーマート・デイリーヤマザキにてお支払いいただけます。(※別途手数料が追加され、参加者にご負担いただくことになります。)
  3. PayPay残高払
    お支払方法選択画面にて、PayPay残高を選択すると、決済専用のページが表示されますので、画面の案内に従い、決済手続きを行ってください。
3)参加登録受付期間

2022年7月5日(火)~10月20日(木)

4)参加方法

参加登録の際に登録されたメールアドレスへ、会期1週間前を目途に、参加用URLをお送りします。他者への貸与や譲渡はできません。

3.個人情報取扱いについて

お申し込みいただくにあたり、以下の項目につきましてご同意いただいた上で、お申し込みいただきますようお願い申し上げます。ご同意いただける場合のみ、参加お申し込みフォームへお進みください。
 

個人情報取扱いについて

特定非営利活動法人日本医療マネジメント学会(以下「学会」という)は、第18回日本医療マネジメント学会高知県支部学術集会(以下「学術集会」という)参加登録のために、ご提供いただいた個人情報は、下記の通り適正にお取り扱いいたします。

  1. 個人情報利用目的について
    ご登録頂いた個人情報は、学術集会の参加登録、及び各種運営業務、参加者への緊急時のご連絡、またアンケート調査や報告書作成に必要な場合に使用します。なお、これらの範囲を超えて使用することはありません。
  2. 個人情報の共同利用について
    お預かりした個人情報は、上記の利用目的のため学会で利用させていただくことがあります。また、一部の個人情報を上記の利用目的のため外部業者、協力会社に委託することがありますが、その場合も適切な管理を行うように業務委託先の監督を行います。
  3. 個人情報の第三者提供について
    法令の規定等やお客様及び公衆の生命、健康、財産などの重大な利益を保護する場合を除いては、お預かりした個人情報を第三者に提供することはありません。
  4. 個人情報の開示、訂正、抹消などについて
    お預かりした個人情報については、本人又は本人の認めた代理人からの請求であり、且つ正当な理由であることを確認できた場合に限り、所定の手続きに基づき照会、訂正、削除を行います。但し、運営上最低限必要な個人情報は削除できません。
  5. 個人情報のお預かりについての同意、不同意について
    本説明についてご同意いただく場合には、参加申込ページより参加登録を行って下さい。同意いただけない場合は、参加登録を行っていただくことができません。
  6. 個人情報に関するお取り扱いの本人同意について
    ⑤の「本説明についてご同意いただく場合」には、本人の認めた代理人が登録する本人の各種個人情報に関しては上記①~⑤の項目が本人へ通知または公表されていることを含みます。
  7. 個人情報に関するお取り扱いの同意の効力について
    個人情報に関するお取り扱いについてのご同意は、新規申込の場合のみです。新規申込完了後に登録システムにログインされる場合は、ご同意は必要ありません。ご登録いただく個人情報の項目は、本人及び本人の認めた代理人等の個人情報の登録者にあらかじめ通知、公表することなく変更する場合があります。その場合も、新規申込の際の同意は有効となります。ただし、その場合でも、①~⑦の各項を変更することはありません。

個人情報取り扱いに関するお問い合わせ先:
第18回日本医療マネジメント学会高知県支部学術集会 事務局
 高知医療センター事務局経営企画課
〒781-8555 高知県高知市池2125番地1
E-mail:management@khsc.or.jp

発表者へのご案内・演題募集

日 時

2022年10月23日(日) 8:50 ~ 17:00

会 場

オンライン開催 (Zoomウェビナー、高知医療センター)

学術集会会長

小野 憲昭(高知医療センター病院長)

学会テーマ

「待ったなし 働き方改革!」

プログラム(予定)

8:50~ 9:00 開会挨拶(小野 憲昭 学術集会会長)
9:00~11:00 一般演題発表
11:00~12:00 特別講演
講師:片岡 仁美(岡山大学病院ダイバーシティ推進センター教授)
「働き方改革:システムとマインドセットを変えよう」
12:00~12:30 休憩
12:30~16:50 一般演題発表
16:50~16:55 次回学術集会会長挨拶(川井 和哉 近森病院副院長)
16:55~17:00 閉会挨拶(堀見 忠司 支部長)

一般演題募集要項

《口演発表》
  1. テーマについては、演題申込書3ページの演題カテゴリー一覧から該当するカテゴリーを選択してください。
  2. 演題の採用につきましては、支部役員に一任していただきます。また、セッション割りについても各演題のカテゴリーを参照して決めさせていただきます。採否については、メールで申込者へご連絡します。
  3. 発表時間は1題5分とし、質疑・討論は1題につき2分とします。ただし、演題数により、時間変更の可能性がありますのでご了承ください。
  4. 演者は、事前に発表を録画したデータ(MP4形式、5分以内)を学術集会事務局へお送りください。発表については当該録画データを再生することで対応し、質疑・討論についてはZoomウェビナーのQ&A機能や、挙手機能で参加者に発言を許可(ホスト側で許可します)することで、ライブ対応していただきます。
  5. 演者は、高知医療センターに集合せず、任意の場所からオンライン参加して発表していただきます。パソコン等、オンライン参加用機材は演者側で準備してください。
  6. 演者は、Zoomウェビナーのパネリストとして招待し、Q&A機能等を使用できるようにします。

※今回はオンライン開催のため、ポスター展示はありません。

演題申込・抄録提出要領
  1. 演題申込は、

    演題申込書(ファイル名「endai.docx」)で行ってください。

    演題申込書のファイルは、本学術集会ホームページ(https://www2.khsc.or.jp/management/)からダウンロードできます。
  2. 演題申込書はWordファイルで3ページあります。1ページ目は発表者等の基本情報、2ページ目が抄録、3ページ目が演題カテゴリー一覧となっています。抄録は1,200字以内で作成してください。機種依存文字や特殊フォントは使用しないでください。また図表の挿入はご遠慮ください。
     ※本学術集会の公用語は「クリニカルパス」ではなく「クリティカルパス」となっておりますので、演題名や本文に用いる際は「クリティカルパス」をご使用ください。
  3. 演題申込書のファイル名を「発表者名.docx」に変更してください(例「高知 太郎.docx」)。
  4. 演題申込書を学術集会事務局「management@khsc.or.jp」までメールで送信してください。(件名に「演題申込」という文言と所属医療機関名を入れてください。)送信後24時間以内に受領メールが届かない場合は、不着の可能性がありますので、学術集会事務局までお問い合わせください。なおファクスや郵送による演題申込は受け付けません。
  5. 演題募集期間:7月5日(火)~ 8月2日(火)8月22日(月)(※延長しました、これ以上の延長はありません)
  6. プログラム・抄録集は、事前に本学術集会ホームページ(https://www2.khsc.or.jp/management/)に掲載し、ご案内メールをお送りしますので、ダウンロードしてください。
  7. 発表時間などは、随時、本学術集会ホームページhttps://www2.khsc.or.jp/management/)に掲載いたします。
口演スライド等作成・提出要領
  1. 口演発表を録画したデータは、MP4ファイルで制限時間内(5分以内)で作成してください。
  2. ファイル名には、演題番号と発表者名をつけて明確にしてください(例:「25 高知 太郎」)。
    ※演題申込終了後、9月中旬に演題番号をお知らせします。
  3. 口演発表を録画したデータは、 10月7日(金)必着(締切厳守)で、学術集会事務局まで以下のいずれかの方法でお送りください。(お送りいただいたデータを修正する必要が生じた場合は、10月14日(金)まで差し替えに対応します。それ以降は対応できません。)
    1)メール添付(件名「発表データ送付【演題番号】【発表者名】」) ※ファイル容量が10MB以内の場合に限ります
    2)大容量ファイル転送サービス(例:ギガファイル便)
    3)CD-Rに格納して郵送
    なお、お送りいただいたデータは、返却いたしませんが、主催者側で責任を持って破棄いたします。

    (参考例 口演発表用の録画データの作成方法PowerPoint)
    ①まずPowerPointを使用して発表用スライドを作成します。
    ②マイク機能を使用できるパソコン、またはマイクを接続したパソコンを準備します。
    ③発表用スライドを開き、上部のメニューから「スライドショー」→「スライドショーの記録」→「先頭から録音を開始」を選択します。
    ④ウィンドウ「スライドショーの記録」が開きますので、「スライドとアニメーションのタイミング」と「ナレーション、インク、レーザーポインター」のチェックを入れます。「記録の開始」を押すと録音が開始されます。
    ⑤通常の発表と同様に、スライドショーを操作しながら録音します。
    ⑥録音中は、ウィンドウ「記録中」が開き、録音時間が表示されます。このウィンドウの「×」を押すか、スライドショーが終了すると、録音が終了します。
    ⑦録音されたスライドには、右下に音声マークが入ります。
    ⑧録音されたスライドを開き、上部のメニューから「ファイル」→「エクスポート」→「ビデオの作成」から、「インターネット品質」を選択したうえで、「ビデオの作成」を押してください。「名前を付けて保存」からファイルの種類「MPEG-4ビデオ」で保存し、正常に再生されることを確認してください。

    ※別添「口演発表用の録画データの作成方法.pdf」もご覧ください。

お問い合わせ・演題申込・データ提出

第18回日本医療マネジメント学会高知県支部学術集会 事務局
高知医療センター事務局経営企画課 (担当者:山﨑、江口、畠中)
〒781-8555 高知県高知市池2125番地1
TEL:088-837-6736  FAX:088-837-6766
E-mail:management@khsc.or.jp

                          

採択演題一覧

採択演題一覧.pdf