文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

がんセンター

がん登録

 日本人の3人に1人はがんに罹る現在、正しい情報を知る為には、「毎年どのくらいの人が新たにがんと診断されているのか」すなわちがんの罹患(病気にかかること)数を把握する必要があります。その数字を正しく知る唯一の方法が「がん登録」です。

 当院では「全国がん登録」・「院内がん登録」を行っています。

 全国がん登録は、平成28年1月1日に「がん登録等の推進に関する法律」が施行され、これに基づき、日本でがんと診断されたすべての人のデータを、国で1つにまとめて集計・分析・管理をする仕組みです。すべての病院と指定された診療所は届出が義務づけられており、各都道府県に設置された「がん登録室」を通じて国のデータベースで一元管理されています。
 院内がん登録は、当院でがんの診断・治療等をうけたすべての患者さんについて、受診経緯から診断・治療・予後に関するまでの詳細な情報を登録する仕組みです。
 当院では2007年より院内がん登録を実施しており、「院内がん登録の実施に係わる指針(厚生労働省告示第470号)」に基づき院内がん登録集計結果を匿名化して国立がん研究センターに提供しています。この登録を複数の病院が同じ方法で行うことで、その情報を比べることができるようになり、当院におけるがん診療の実態の把握、特徴がよくわかります。
 また、全国より取りまとめられた情報は国立がん研究センターで集計後、わが国のがん医療対策を検討する資料として活用されています。