文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

にこやか6A・SCU・HCU

にこやか6A・SCU

看護管理者として大切にしていること(看護科長:野田妙子)

 看護管理者としていつも大切にしていることは、患者さんや家族の方に思いやりの心で、寄り添う看護の実践です。そして、患者さんの健康上の問題を解決していくために、今、患者さんや家族にとって何が問題であり、その解決に向けてどのような支援が必要なのかを、医師や理学療法士、管理栄養士、退院支援看護師などで話し合い、フロア全体で取り組んでいます。患者さんが健康上の問題によって不自由な生活になった時、私たち看護師は患者さんの一番身近にいる支援者として寄り添い、患者さんのこれまでの生活習慣や価値観を大事にし、患者さんの生活の再構築を、まごころをもって看護支援していきたいと考えています。
 また、看護師自身が、心も身体もいきいきと健康でいることが良い看護につながると考えています。そのためには、ワークライフバランスを大切にし、チームワークの良い職場環境作りに努めています。


私たちの看護実践

 脳神経外科・耳鼻咽喉科・消化器内科・腫瘍内科・救命救急科・総合診療科の患者さんへの看護を行っています。
 脳神経外科領域では、脳卒中を発症した患者さんの社会復帰には、発症早期からリハビリテーションを行うことが最も有効とされています。脳卒中ケアユニット(SCU)もあり、多職種と連携をとりながら、食事・清潔・排泄などの基本的生活動作が患者さん自身でできることを目標に、日々の看護ケアを実践しています。また、患者さんが他の医療施設に転院される場合も、これまでの看護が継続できるよう、脳卒中地域連携パスを活用した転院調整を行っています。
 耳鼻咽喉科領域では、手術・抗がん剤や放射線療法が行なわれています。私たちは、その治療が安全に苦痛なく行え、また患者さんが安心して治療を受け、自宅に帰られても安心して生活が出来るよう、患者さん・ご家族のこころに寄り添った看護・退院支援を実践しています。


部署教育の特長

 新人看護師には、新人1人に対して実地指導者2名が担当となり、診療科ごとの看護実践や看護技術、患者さん・ご家族への対応など細やかな指導を1年間かけて行っています。また、2年目以降の看護師にも先輩看護師が良き指導者・相談相手となり、部署全体で看護のスキルアップを目指しています。
 パートナーシップナーシングを取り入れ、ペアでお互いを補完し合い、お互いが育ち、向上し合う取り組みを行っています。また、年間を通して、部署に必要な知識や技術は研修計画を立て実施しています。


HCU

看護管理者として大切にしていること(看護科長:伊東美佐)

 不安な気持ちで入室される患者さんやご家族に対し、安心感を与えられる看護管理者でありたいと思っています。短い関わりの中でも、患者さんやご家族の思いに寄り添い誠実に対応することで、患者さんやご家族との信頼関係を築いていきたいと考えています。
 また、スタッフがいきいきとやりがいを感じながら働ける環境を作ることが、患者さんが安心して過ごせる空間を作る事に繋がると考えています。患者さんやご家族の状態、気持ち、様々なことに「気付く」事ができ、気持ちに寄り添った看護ができることを大切にしていきたいと思っています。


私たちの看護実践

 HCUでは、様々な診療科の術後患者さんの受け入れや、集中治療部門に入室していた患者さんが一般フロアへ移る前段階としての治療・看護を提供しています。手術後の患者さんに対しては、術後の急性期を安全・安楽に療養できるように配慮し、早期離床を進めています。集中治療部門からの転入患者さんに対しては、前部署での治療や看護を継続しつつ、一般入院フロアへの転棟に向けたリハビリを積極的に行い、患者さんが笑顔で一般入院フロアに向かうことができる事を目標として看護を実践しています。


部署教育の特長

 HCUには様々な診療科の患者さんが入室します。そのため、各診療科に対応できるよう、疾患や術後管理の学習会を適宜実施しています。また経験分野の看護知識をスタッフ全員で共有できるよう、「ミニレクチャー」を行っています。医療機器の操作については臨床工学技師の協力を得て、安全な医療機器操作ができるよう勉強会を行っています。このように年間を通して、疾患から術式、術後管理、術後看護、術後せん妄の勉強会をタイムリーに企画するなど、部署の看護力の向上を目指した教育計画をたて実施しています。