文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

医療技術局

医療技術局長からのご挨拶

 医療技術局は、4部12科105名(2020/04/01現在)で構成し、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、臨床工学技士、視能訓練士、准看護師の9職種が所属しています。「どんな仕事をしているの?」と思われた方、ぜひ各科紹介でご確認下さい。私たちが提供している技術は多岐にわたり、それぞれがプロフェッショナルの自覚を持ち日々研鑽を積んでいます。プロ集団であるがゆえ仕事の現場が限定され、組織としての運営がとても難しいのですが、毎年「医療技術局合同勉強会」を開催し各部からの発表の場を設け効果を上げています。まずはお互いの業務を理解し、顔の見える関係性を定着させたいと考えています。歴代の局長が医療技術局をこれまで改革発展されたことに敬意を表し、変化する医療情勢を的確にとらえ柔軟に対応する心構え、前進する組織づくりに努める所存です。そして医療人として常に患者さんを意識し、他職種との連携を大切にしながら診断・治療を支えていきたいと考えています。

 医療技術局スタッフ一同、これからも信頼される技術提供を心掛けてまいりますので、よろしくお願いいたします。ご質問などございましたらお気軽にお声がけ下さい。

医療技術局長 岡田 由香里