文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

のびやか7A・のびやか7B

のびやか7A

看護管理者として大切にしていること(看護科長:山﨑みどり)

 同じ病気、同じ治療を受ける患者さんでも、患者さんを取り巻く環境には違いがあり、心配なこと、不安なこと、悩んでいることが違います。私達看護師は、患者さんやご家族の皆様との関わりの中で、患者さん一人ひとりのいのちに寄り添い、こころのこもった看護を提供していかなければなりません。
そのためには、患者さんやご家族だけではなく、看護スタッフの声にも耳を傾け、安心・安全な看護が実践できる環境づくりを心がけています。
また、当院には様々な専門職がいます。看護師がパイプ役となり、多職種でのチーム医療にも取り組んでいます。


私たちの看護実践

 血液内科・輸血科の患者さんが入院されます。医学の進歩や他施設で行っていた治療が当院でも可能となり治療の選択枝が増え、10代から90代まで幅広い年齢層の患者さんが当院を受診されています。化学療法、輸血療法、放射線療法、自家末梢血造血幹細胞移植、骨髄移植、臍帯血移植などの治療を行っています。また、2021年度4月より同種造血細胞移植後の患者さんを対象とした長期フォローアップ外来も開始します。
治療を受けた患者さんは感染症にかかり易くなります。そのために、日々の歯磨き・手洗いや体調管理が大切となり、必要性の説明や効果的な方法を指導しています。患者さんやご家族だけでなく医療スタッフの感染予防策も重要であり、感染に対するアンテナを常に高く保って日々の看護を行っています。また、治療により食欲が低下するため、医師や管理栄養士と連携し少しでも食事が食べられるような工夫や配慮をしています。
無菌室が7室あることも大きな特徴です。生活空間が制限され思うように病室から出られないことがストレスとなることもあり、事前の情報提供や身体面だけでなく精神面に配慮した看護を心がけています。移植を受ける患者さんは、治療が長期に及ぶためご家族へのサポートも必要となりますので、ご家族への看護も大切にしています。


部署教育の特長

 看護を実践するにあたって、患者さんやご家族の立場に立って、思いやりの心を忘れず、安全で安楽な看護を提供することが重要だと考えます。
患者さんに安心して療養生活を送っていただくために、新しい知識を学びながら技術を磨き、患者さんに必要な看護を考え、実践していく力が必要です。患者さんとのコミュニケーションを大切にし、患者さんの気持ちに寄り添った看護の実践を目指します。
また、看護師自身が、心も身体もいきいきと健康で仕事できることが良い看護につながると考えております。みんながやりがいを持って、責任ある看護が出来る職場環境をめざし、患者さんやご家族に満足していただけるよう努力しています。


のびやか7B

看護管理者として大切にしていること(看護科長:池田久乃)

 看護管理者として大切にしていることは、患者さんやご家族の立場に立って、思いやりの心を忘れず、安全で安楽な看護を提供することです。
 患者さんに安心して療養生活を送っていただくために、新しい知識を学びながら技術を磨き、患者さんに必要な看護を考え、実践していく力が必要だと考えます。患者さんとのコミュニケーションを大切にし、患者さんの気持ちに寄り添った看護の実践を目指します。
 また、看護師自身が、心も身体もいきいきと健康で仕事できることが良い看護につながると考えております。みんながやりがいを持って、責任ある看護が出来る職場環境をめざし、患者さんやご家族に満足していただけるよう努力しています。


私たちの看護実践

 呼吸器内科、呼吸器外科、形成外科、皮膚科、血液内科・輸血科、眼科などの患者さんへの看護を行っています。患者さんの年齢は、10代から90代と幅広く、手術、化学療法、放射線療法、酸素療法、各種検査など様々な治療を受ける患者さんが入院しています。
呼吸器疾患の患者さんに対しては、慢性呼吸器疾患看護認定看護師を中心に、人工呼吸器装着患者のケアをはじめ、在宅酸素療法導入時の指導も行っています。がんの患者さんに対しては病期に応じた治療に併行して、痛みや呼吸苦などの症状緩和に対するケア、リハビリを行っています。
形成外科や皮膚科の患者さんは退院後も継続した処置が必要な事があり、医師や皮膚排泄ケア認定看護師らと連携をとりながら患者指導、家族指導を行っています。
眼科では全身麻酔が必要な眼科手術の看護を行っています。
医師・薬剤師・管理栄養士・リハビリスタッフ・ケースワーカー・地域連携室の看護師などの多職種と毎週カンファレンスを行い、患者さん一人ひとりの病状や思い、ご家族の考えを捉え、患者さんの退院後の生活を見据えた看護の実践をめざして取り組んでいます。認定看護師・専門看護師の力を活用し、看護の充実に努めています。


部署教育の特長

 新人看護師と異動をしてきた看護師、2、3年目の看護師、リーダー看護師などを対象に学習会を行っています。後輩を育てることを通して、自分たちの看護の質の向上をめざしています。
がん患者さんが多いため、日進月歩といわれるがん医療の先端である現場の中で、常に治療の情報を獲得しながらがん看護を学んでいます。また、確かなアセスメント力を養い実践につなげることができるよう、急変時対応トレーニングやリーダートレーニングを行っています。