文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

さわやか8B

さわやか8B

看護管理者として大切にしていること(看護科長:有澤良子)

 患者さんやご家族には、これまでの人生経験や今置かれている状況から感じるさまざまな思いがあります。その思いを受け止め、寄り添うことを大切にしています。また、患者さんにとってのよりよいゴールを医師や多職種と一緒に考え、患者さんの生活、外来や地域での看護につないでいきたいと考えています。
 また、患者さんとご家族に安全で安心できる看護を実践するために、一人ひとりの看護師が、お互いの強みを活かして学び支え合い、健やかで明るく、看護にやりがいを感じることができるような職場作りを目指しています。
 患者さんとご家族のために、ともに働く同僚のために、自分にできることは何かを考え続けることを心がけています。


私たちの看護実践

 整形外科・歯科口腔外科の患者さんが、検査や手術、抗がん剤治療等を目的に入院されています。整形外科では、受傷により日常生活の再構築を余儀なくされる患者さんも多く、患者さんのこころに寄り添いながら、身体機能の改善を目指した看護を行っています。また、高齢患者さんが多いため、安全に配慮しながら早期離床・リハビリに努め、患者さんが穏やかに療養生活を過ごせることを目標としています。
 歯科口腔外科では放射線治療を受けられる患者さんも入院されており、副作用による口内炎や皮膚炎など苦痛を生じることがあります。治療期間も1か月以上となるため多職種と情報共有しながら症状緩和に努めています。
 患者さんの多くは自宅や紹介元あるいは地域の病院へ転院されます。医師やソーシャルワーカー、理学療法士、薬剤師、管理栄養士とも定期的にカンファレンスを行い、医療チームの連携を大切にしています。


部署教育の特長

 新人看護師には、1年間2名の実地指導者がペアとなり、看護師としての第一歩をサポートします。実地指導者、実地指導者リーダーを中心に計画した目標に向けて、新人看護師の個性やペースにあわせた指導・支援をしています。
 継続教育は、整形外科、歯科口腔外科の看護を中心に、患者さんの日常生活行動拡大に向けて、疾患についての理解や看護の知識・技術を習得する教育プログラムを展開しています。
 お互いに看護のこころと技を伝えるとともに、私たちの看護をともに育て合う部署教育を目指しています。