文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

看護局

さわやか8A・さわやか8B

さわやかフロア

看護管理者として大切にしていること(看護部長:中尾裕子)

 患者さんやご家族には、これまでの人生経験や今置かれている状況から感じるさまざまな思いがあります。その思いを受け止め、寄り添うことを大切にしています。また、患者さんにとってのより良いゴールを医師や多職種と一緒に考え、外来や地域での看護につないでいきたいと考えています。
 看護管理者としては、患者さんにケアを提供する看護スタッフがやりがいや楽しさを感じ、元気に働くことができるような職場を目指しています。その一つとして、スタッフの思いや考えを引き出し、個性を受けとめることを大切にしています。
 また、様々な資源(ひと、もの、時間、情報)を活用し、患者さんやともに働くスタッフ、組織の役に立つことを目標に、自分にできることは何かを考え、日々取り組んでいます。


私たちの看護実践

 整形外科・歯科口腔外科の患者さんが、検査や手術、抗がん剤治療等を目的に入院されています。整形外科では、受傷により日常生活の再構築を余儀なくされる患者さんも多く、患者さんのこころに寄り添いながら、身体機能の改善を目指した看護を行っています。また、高齢患者さんが多いため、安全に配慮しながら早期離床・リハビリに努め、患者さんが穏やかに療養生活を過ごせることを目標としています。
 歯科口腔外科では放射線治療を受けられる患者さんも入院されており、副作用による口内炎や皮膚炎など苦痛を生じることがあります。治療期間も1か月以上となるため多職種と情報共有しながら症状緩和に努めています。
 患者さんの多くは自宅や紹介元あるいは地域の病院へ転院されます。医師やMSW、理学療法士、薬剤師、管理栄養士とも定期的にカンファレンスを行い、医療チームの連携を大切にしています。


部署教育の特長

 教育担当者と実地指導者リーダー、実地指導者が部署での新人教育を計画し、評価・修正を行いながら指導をしています。
 1人の新人看護師に対し実地指導者2人が担当となり、1年間かけて指導を行っています。新人看護師の個性やペースにあわせた指導を心がけています。
患者さんの日常生活行動拡大に向けて、疾患についての理解や看護の知識・技術を習得するために、整形外科、歯科口腔外科看護について定期的な勉強会を計画しています。