文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

栄養局

高知県立大学健康栄養学部との包括的連携事業

 高知医療センター栄養局と高知県立大学健康栄養学部では、臨床の場と教育の場がお互いに協働して、栄養管理、給食管理の質の向上、教育の向上を目指すことにより、両者の組織がより強力な力を発揮することを目的として、包括的連携事業を行っています。

慢性疾患を有する患者さんを対象とした料理教室

2021年3月16日、糖尿病の患者さんとそのご家族の方により充実した生活を送ってほしいという願いから、第1回目の糖尿病勉強会を開催しました。今回はコロナ感染防止対策として密を避けるために、初めてZoomアプリを使用したWeb配信としました。前半は、高知県立大学健康栄養学部村上尚教授から「糖尿病の基礎知識」と題して、合併症や服薬について講演があり、後半は高知医療センター栄養局管理栄養士から「糖尿病の食事療法」について血糖コントロールを行うための食事のポイントをお話ししました。19名の参加があり、質問コーナーでは積極的な発言もあり有意義な勉強会となりました。

第8回料理教室

 2019年12月7日、第6回目となる慢性腎臓病のための料理教室を実施しました。昨年改訂した「慢性腎臓病(CKD)患者さんのための食事療法の手引き」を参考に、冬の献立を作成しました。当日は12名の方に参加して頂き、慢性腎臓病についての講義、献立の説明、調理、試食を行いました。「腎臓食とは思えないくらい美味しくて食べ応えがある」などの意見が聞かれ、参加者の方々の情報交換の場にもなり、実りある会となりました。

第7回料理教室

 2018年11月3日、第5回目となる慢性腎臓病のための料理教室を実施しました。
 今年は2013年度に作成した「慢性腎臓病(CKD)患者さんのための食事療法の手引き」を改定し、新しい資料を用いた1回目の料理教室となりました。
 参加者の皆様からは実際に作って食べてみて勉強になった、実習の間でもいろいろなことが聞けて良かったなど好評なご意見をいただいています。


  • 講義

  • 調理実習

  • 試食

第6回料理教室

 2017年6月24日(土)に生活習慣予防のための料理教室を行いました。
 昨年まで4年連続で慢性腎臓病のための料理教室を開催しましたが、今年は久々に間口を広げ、様々な方にご参加いただきました。主食は大麦入りのご飯を準備し、エネルギーや食物繊維、塩分に配慮した肉・魚2つの献立を作りました。
 試食後の感想では、家でいかに野菜が少なかったか、調味料を多く使っていたかよく分かった、今後も意識して食事を摂るようにしたいなど前向きなご意見を多数頂きました。


  • 管理栄養士の話

  • 調理実習

  • 試食

  • 肉の献立

  • 魚の献立
  •  

第5回料理教室

 2016年8月27日(土)、昨年に引き続き、「慢性腎臓病(CKD)患者さんのための食事療法手引き」にそって、慢性腎臓病料理教室を行いました。腎臓病対象の料理教室はこれで4回目、糖尿病対象の教室を合わせると5回目になります。22名の参加者を迎え、食事療法についての講義の後、たんぱく質・塩分制限の食事を作りました。
 感想では、美味しかった、また参加したいとの声を多く寄せていただきました。料理教室を通じて、家での食事療法の参考にして頂きたいと思います。


  • 調理実習

  • 試食風景

  • 参加者によるスピーチ

第4回料理教室

 第4回料理教室(慢性腎臓病対象)を開催しました。
 平成27年度12月22日(木)、高知県立大学池キャンパスにて行いました。


  • 食事療法についての講義

  • 調理した冬献立
  •  

過去の料理教室

第1回

第2回

第3回

「慢性腎臓病(CKD)患者さんのための食事療法の手引き」を改定

 

 2013年度に作成した「慢性腎臓病(CKD)患者さんのための食事療法の手引き」を改定し、おすすめ四季のメニューを一新しました。
 前回に引き続き参考にしていただけると思います。当院の外来時、入院時、栄養指導時などにご希望があれば冊子をお渡しできます(配布数に限りがあります)。今年度より掲載メニューを用いた料理教室も行っていますので、ぜひご参加ください(次回は未定です)。
 下記より印刷も可能となっておりますので、食事療法のためにどうぞご活用ください。

慢性腎臓病(CKD)患者さんのための食事療法の手引き(PDF:14MB)

高知あいうえお塩分表

 このたび「高知あいうえお塩分表」を高知医療センター・高知県立大学包括的連携協議会健康栄養連携部会平成26年度連携事業の一環として製作いたしました。

 高血圧症の方、塩分の取りすぎを気にしている方にとって、食品や料理の食塩量を推測することは難しいものがあります。この塩分表は、食材や料理に含まれる食塩1gに相当する量が簡単に分かるように、高知県内でよく食べられている食品や料理(伝統食等)を取り入れ、高知県民のニーズに合った内容で、食材・食品名の頭文字をあいうえお順に並べた一覧表になっています。また、裏面には、生活習慣の改善や減塩の工夫についてのポイントなどを掲載し、両面で活用できます。製作には健康栄養学部の学生、教員および当院の栄養局の共同で取り組みました。

 ぜひ、PDFファイルをダウンロードして、職場・ご家庭などで自由にご活用ください。「高知あいうえお塩分表」が、塩分コントロールが必要な方のみではなく、ご家族ともども食生活改善と健康な体つくりにつながれば幸いです。

高知医療センター・高知県立大学包括的連携協議会 健康栄養連携部会

生活習慣病予防のためのレシピブック

 主に糖尿病・肥満で食事療法を行っている患者さんに、食事指導の際にお渡ししています。

患者さんの「夢みる食べもの」カレンダー

  • 慢性疾患治療中の患者さんによる「食」をテーマにしたイラスト入りのカレンダー作成に取り組んでいます。
  • カレンダーには患者さん自身が描いたイラストとともにそれぞれの思いがかかれています。同じ病気と闘っている患者さんや家族に勇気を与えること、患者さんの「食」に対する思いを知ることで今後の食事療法や栄養療法に役立てることを目的としています。
  • 患者さんや県民・市民の皆様に無料で配布するとともに、高知医療センターの患者さんのお部屋にも飾られています。

PDFファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、無料で以下のリンクからダウンロードできます。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちらです。