文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

診療科

救命救急科

救命救急科とは

 突然発症した病気や外傷の患者さんの初期診療を行うことを専門とした診療科です。専門的な治療が必要と判断した場合には、各診療科と連携して患者さんの治療にあたります。救急搬送された患者さんの診療を行うこと以外にも、病院内で急に病状が悪くなった患者さんへの対応やドクターヘリ・ドクターカーを用いて病院へ搬送される前から患者さんの診療を行うこと、集中治療室での診療、災害医療、救急隊の教育など、幅広い活動を行います。

救命救急科の病気について

 内因性や外因性に関わらず、すべての緊急度・重症度の患者さんの初期診療を行います。

当院の救命救急科の特徴

 当院は高知県より救命救急センターの指定を受けている第三次救急医療機関です。救急外来では、命の危険がある患者さんや複数の診療科領域での治療を必要とするなどの重篤な患者さんにも24時間対応することが出来ます。
 また、ドクターヘリ・ドクターカーを用いた病院前からの早期診療にも力を入れており、その他、救命救急センターで入院診療、災害医療派遣なども行っています。さらに、救急隊活動の検証会では、救急隊の教育を行いつつ、連携の強化にも努めています。