文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

診療科

眼科

眼科とは

  • 私たちは日常生活の多くの情報を目から取り込んでいます。その重要な感覚器官である「目」の健康を目指して目に関する疾患の診療・手術を行っています。
  • 総合病院、地域支援病院の特徴と責務から診療領域は眼科全般に及び、全身疾患に関係する眼科疾患を積極的に治療しています。

眼科の病気について

  • 白内障、緑内障などの眼球疾患
  • 糖尿病網膜症、網膜血管閉塞、加齢黄斑変性などの眼底疾患
  • 斜視や弱視などの小児疾患、神経眼科疾患
  • 眼球突出などの眼窩疾患
  • 眼瞼下垂や内反症などの眼瞼疾患
  • 涙道閉塞や慢性涙嚢炎などの涙道疾患
  • 未熟児集中治療室での未熟児網膜症 など

当院の眼科の特徴

  • 糖尿病網膜症や網膜血管閉塞などの眼底疾患に対しては、眼底検査、蛍光眼底造影検査などの検査を行っています。
  • 2019年より広画角眼底カメラを購入し、より広い範囲の眼底評価が可能となりました。高性能の網膜断層撮影装置(OCT)も搭載されており、より鮮明な網膜画像が得られるようになりました。
  • 上記の検査の結果、治療が必要となればレーザー網膜光凝固術や硝子体注射などの治療を行っています。
  • 地域医療支援病院の役割を担い、精密検査、他科との関連疾患、急性期治療、入院、手術治療を要する疾患に重点を置いています。手術は原則として入院手術で行っています。白内障手術を中心に、眼瞼(眼瞼下垂、内反症)手術、黄斑疾患に対する硝子体注射も行っています。

担当医、診療スタッフ

担当医
 大庭 啓介 診療科長(1991年卒 日本眼科学会専門医)
 高橋 政雄 副医長
 林 勇樹  非常勤医師
診療スタッフ
 谷脇 梨衣 視能訓練士
 清岡 成美 視能訓練士
 看護師(外来2F担当グループ)

診療内容

 総合病院、地域医療支援病院の特徴、責務から診療領域は眼科全般に及び、全身疾患に関係する眼科疾患、眼科救急疾患も積極的に治療しています。
 手術を含む網膜硝子体疾患、弱視や斜視、眼筋麻痺等の小児眼科、神経眼科領域に高い専門性をもって診療に当たっています。

当院の診療内容の主なもの

  1. 白内障、緑内障などの眼球疾患
  2. 糖尿病網膜症、網膜血管閉塞、網膜剥離などの眼底疾患
  3. 弱視や斜視、眼筋麻痺などの小児眼科、神経眼科疾患
  4. 眼球突出などの眼窩疾患
  5. 眼瞼下垂や内反症などの眼瞼疾患
  6. 涙道閉塞や慢性涙嚢炎などの涙道疾患
  7. 救急部門からの眼外傷などの救急疾患
  8. 未熟児集中治療室での未熟児網膜症
 などの診察、手術治療を行っています。
 地域医療支援病院の役割を担い、精密検査、他科との関連疾患、急性期治療、入院、手術治療を要する疾患に重点をおいています。
 外来予約治療では、糖尿病網膜症などの網膜光凝固術、後発白内障のYAGレーザー治療、緑内障の虹彩・隅角の光凝固術を行っています。加齢黄斑変性症の硝子体注射治療も行っています。近視の角膜屈折矯正のレーザー治療(レーシック)は行っていません。