文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

消化器外科・一般外科(大腸部門)

大腸部門とは

 下部消化管(小腸、結腸、直腸、肛門)の良性・悪性疾患の全般、特に大腸肛門の悪性腫瘍の外科治療を専門としております。大腸外科の専門の医師が、消化器内科、腫瘍内科(抗癌剤治療専門)、放射線療法科(放射線治療専門)の医師と緊密な連携をとりながら、患者さんにとって最善の治療を追及しています

大腸部門の病気について

 当グループでは、大腸癌を中心とした下部消化管(小腸、結腸、直腸、肛門)の悪性疾患だけではなく、良性腫瘍、虫垂炎、大腸憩室症(憩室炎、憩室出血、憩室穿孔)、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎など)や腸閉塞(イレウス)などに対する外科的治療も行っています。
 大腸癌に関しては、日本において年々増加しており、すべての癌の中での全国罹患数は2016年に1位となりました(2位胃癌、3位肺癌、4位乳癌、5位前立腺癌)。高知医療センターでの手術数も年々増加しており、現在、西日本で有数の症例数の手術を行っています

当院の大腸部門の特徴

初診日から手術までの期間の短縮に努めています

 外来受診後、2週間以内に手術を行うようにしています。閉塞などの症状がある状態であれば1週間以内に手術を行うこともあります。また穿孔による腹膜炎などの緊急手術にも対応しています。

体に優しい(低侵襲な)腹腔鏡手術を心がけています

 腹腔鏡手術は、おなかの中に炭酸ガスを入れ膨らませ、臍から細い高性能カメラ(腹腔鏡)を挿入します。5-10mmの小さな孔を4、5か所に開け、カメラでモニターに映し出し、大腸とリンパ節の切除を行い、病変を3-5cmの切開創から体の外に取りだします。従来の手術で25cmほど切開した場合(開腹)と比較して、創が小さくてすみ、痛みが少なく、術後の回復が早いことが利点とされている患者さんの体に優しい低侵襲な手術です。

 当院では2005年3月の開院以来、多くの大腸癌の手術を行ってまいりましたが、近年、手術数の増加とともに低侵襲な腹腔鏡手術の割合も増加しています。2019年には年間268例の大腸癌手術を行い、241例(90%)が低侵襲な腹腔鏡手術でした。大腸癌に対する腹腔鏡外科技術を保証する日本内視鏡外科学会技術認定医を擁しており、進行癌に対しても確実に癌が取り切れると判断した症例にはすべて腹腔鏡手術を行うようにしています。また大腸癌以外の疾患(虫垂炎、憩室症、炎症性腸疾患、直腸脱など)にも積極的に腹腔鏡手術を行っています。

機能温存を重視した手術に努めています

 直腸の手術の際に周囲の神経を温存することによって、術後の排尿や男性性機能を保ちます。
 肛門近くの下部直腸癌に対しても、可能な限り肛門を温存し、永久の人工肛門を造設せずにすむように努めています。腫瘍の進行などにより肛門温存が不可能な場合にも、当院には人工肛門専門の看護師(皮膚・排泄ケア認定看護師)が常勤しており、患者さんの生活の質を改善するように努めています。

>高度に進行した癌や再発に対しても根治(治しきること)を目指しています

 大腸癌は進行すると、出血や閉塞に伴う嘔吐、穿孔に伴う激しい腹痛といった症状が出現します。適切な手術を行うことは、癌を治すという面だけでなく、こうした症状の出現の防止にも重要です。
 当院では、他の臓器に浸潤をきたしている超進行癌や局所再発に対しても、骨盤内蔵全摘術などの拡大手術を行い、根治を目指した外科治療を行っています。また腫瘍内科や放射線療法科の医師と緊密な連携を取りながら、抗癌剤や放射線療法と組み合わせた治療で、治療成績の向上に努めています。

ご高齢の方や他の疾患を合併されている状況でも可能な限り手術を行っています

 高知県は高齢化が進んでおり、ご高齢の方や、心臓、肺、腎臓などに他の疾患を合併している方の手術を行う機会が増加しています。
 当院には、多くの麻酔、集中治療のエキスパートの医師が在籍し、そのようなリスクの高い方に対しても細心の注意を払いながら、安全に手術を行うように努めています。

術後はかかりつけの医療機関(ご紹介医)と協力して経過観察を行います

 大腸癌は、術後5年間、定期的な血液検査やCT検査、内視鏡検査が必要になります。当院では、術後の定期的な検査を、診療連携手帳パスを用いて、かかりつけの医療機関と協力して行うことにより、患者さんの通院時間や外来での待ち時間の短縮に努めています。

経験豊富な専門医の紹介

医長 稲田 涼
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医・評議員
日本消化器病学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本がん治療認定医機構認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(大腸)・評議員
医学博士
 
医長 戸嶋 俊明
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(大腸)