文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

2017年

日付 2017年3月24日
担当 浦田 知宏
タイトル Fludarabine and cytatabine veusus high-dose cytarabine in consolidation treatment of t(8; 21) acute myeloid leukemia: A prospective, randamaized study
PMID  
著者 Ruiqi Li
文献 Am J Hematol
要旨 寛解導入療法後CRとなったt(8;21)AMLの地固めは(HiDACをしなくても)Flu+AraCでOK(とくにc-kit変異の無いとき)

日付 2017年4月7日
担当 藤下 惠悟
タイトル Review of Dextromethorphan Administration in 18 Patients With Subacute Methotrexate Central Nervous System Toxicity
PMID  
著者 Maryam Afshar MDa
文献 Pediatric Neurology 50 (2014) 625e629
要旨 亜急性MTX脳症にメジコンが有効、ホモシステイン濃度上昇

日付 2017年4月14日
担当 岡  聡司
タイトル Considering bone marrow blasts from nonerythroid cellularity improves the prognostic evaluation of myelodysplastic syndromes
PMID  
著者 Leonor Arenillas
文献 JCO
要旨 MDSの芽球割合は赤芽球系の比率に関係なくNECで計算する方が予後と相関する

日付 2017年4月21日
担当 藤澤 佑香
タイトル Treatment and outocomes of patients with extranodal natural killer/T-cell lymphoma diagnosed between 2000 and 2013 : A cooperative study inJapan
PMID  
著者 Motoko Yamaguchi
文献 JCO
要旨 限局期の節外性NK/T細胞性lymphomaでもsIL-2Rが高いと予後不良(PINKは限局期には使えない)

日付 2017年4月28日
担当 中澤(研修医)
タイトル Universal mask usage for reduction of respiratory viral infection after stem cell transplant: A prospective trial
PMID 27481873
著者 Anthony D
文献 Clinical infectious disease
要旨 移植患者と接する人にサージカルマスクをつけることで夏季のパラインフルエンザ感染を予防できる

日付 2017年5月19日
担当 安田(研修医)
タイトル Primary fungal prophyraxis in acute leukemia paitents with different risk factor: retrospective analysis from the CAESAR study
PMID 28390035
著者 Rongli Zhang
文献 Int J Hematol
要旨 ALL/AMLの予防的抗真菌薬投与は地固め療法中ならば必ずしも必須ではない(CV留置・全身状態による)

日付 2017年5月26日
担当 松村(研修医)
タイトル rituximab in immune thrombocytopenia: gender,age,and response as predictors of long-term response
PMID 27981682
著者 Miriam Maragon
文献 E J of Haematology
要旨 40歳以下の女性のITP患者2次治療としてリツキシマブは脾摘に匹敵する長期的寛解を得られる

日付 2017年6月2日
担当 池内 一廣
タイトル Improved outcomes for newly diagnosed AL amyloidosis between 2000 and 2014: cracking the glass ceiling of early death
PMID 28126928
著者 Eli Muchtar
文献 Blood
要旨 AL アミロイドーシスに対してBor導入をすることでVGPRに達する割合は増加したが自家移植をしない時は心毒性のため早期死亡が増加しOSは改善しない

日付 2017年6月9日
担当 町田 拓哉
タイトル Lenalidomide, Bortezomib, and dexamethasone with transplantation for myeloma
PMID 28379796
著者 Michel Attal
文献 N Engl J Med
要旨 VRD後の自家移植はPFSを延長するがOSは高リスク群でも非移植群と同等

日付 2017年6月16日
担当 矢田(研修医)
タイトル Risk of venous thromboembolism in pregnant women with essential thrombocythemia: a systematic review and meta-analysis
PMID 2804961
著者 Leslie Skeith
文献 Blood
要旨 本態性血小板血症患者において出産後は血栓症予防にLMWHを使用することが推奨されるが出産前は個々の例で判断する

日付 2017年6月23日
担当 岡村(研修医)
タイトル clinical features and outcomes of 139 Japanese patients with Hodgkin lymphoma
PMID 27086350
著者 Shinichi Makita
文献 Int J Hematol
要旨 この20年での日本人ホジキンリンパ腫治療に大きな改善はみられていない

日付 2017年6月30日
担当 今井 利
タイトル outcomes of patients with Double-Hit lymphoma who Achieve first complete remission
PMID 28475457
著者 DanielJ
文献 JCO
要旨 骨髄浸潤のないDHLの成績はR-EPOCH+自家移植≒R-EPOCH>R-CHOP+自家移植>>R-CHOP(R-EPOCHに移植は不要?)

日付 2017年7月7日
担当 藤下 惠悟
タイトル Predictor of overall survival among patients treated with sirolimus/tacrolimus vs methotrexate/tacrolimus for GVHD prevention
PMID 28368376
著者 F Khimani
文献 BMT
要旨 シロリムス+TACによるGVHD予防はMTX+TACによるものとほぼ同等であるがaGVHDの頻度はシロリムス+TACで少なくHCT-CI4点以上ではOSも延長する(ただしVODが増加する)

日付 2017年7月14日
担当 岡  聡司
タイトル outcomes of maintenance therapy with Bortezomib after autologus stem cell tranplantation for patients with mutiple myeloma
PMID 27856369
著者 D Sivaraj
文献 Ameican society for blood and marrow transplantation
要旨 高リスク多発性骨髄腫では自家移植後にBor維持療法をすることで標準リスクと同等のPFSを期待できる

日付 2017年7月21日
担当 谷田(学生)
タイトル A comparison of Tacrolimus and Cyclosporine for Graft-Versus-Host Disease Prophylaxis after peripheral blood stem cell transplantation from HLA-identical sibling donors
PMID  
著者 N Tsushita
文献 J of HCT
要旨 血縁者間のGVHD予防をTACに変えることでaGVHD全体は減るが死亡につながるGradeⅢ/ⅣのaGVHDは減らない(ただし対照群のCSAのトラフ値は低い)

日付 2017年7月28日
担当 江端(研修医)
タイトル European collaborative study defining clinical profile outcomes and novel prognostic criteria in monoclonal Immunoglobulin M-Related light chain amyloidosis
PMID 27114592
著者 S Sachchithannantham
文献 JCO
要旨 IgM型のAL amyloidosisでは心障害は少ない一方で末梢神経障害とリンパ節腫大の頻度が高く半分がリンパ腫を合併している。臓器障害は改善しにくく、VGPR以上の効果を認めるのは14%程度

日付 2017年8月4日
担当 池内 一廣
タイトル Hematologic cell transplantation in myelodysplastic syndromes after Treatment with Hypomethylating agents
PMID 28600031
著者 M Festucca
文献 Biol blood marrow transplant
要旨 移植適応のあるMDS患者においてIPSSよりもAza治療に対する反応性が移植後の再発に関係している

日付 2017年8月11日
担当 藤澤 佑香
タイトル Lenalidomide maintenance compared with placebo in responding elderly patients with diffuse large b-cell lymphoma treated with first-line rituximab plus cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisolone
PMID 28426350
著者 C Thieblemont
文献 JCO
要旨 R-CHOP療法に効果のあった高齢DLBCL患者にREN維持療法をすることで(特にGCB型において)PFSは延長するがOSは変わらず1/3程度しか完遂できない

日付 2017年8月18日
担当  
タイトル  
PMID  
著者  
文献  
要旨  

日付 2017年8月25日
担当 細木(研修医)
タイトル Phase ⅡStudy of bendamustine, bortezomib and dexamethasone(BBD) in the first-line treatment of patients with multiple myeloma who are not candidates for high dose chemotherapy
PMID 28169430
著者 Jesus G
文献 BJH
要旨 移植適応のない多発性骨髄腫に対してBENをBDと併用することで72%でVGPR以上の効果を得ることが出来る

日付 2017年9月8日
担当 今井 利
タイトル How I Treat double-Hit lymphoma.
PMID 28600333
著者 Friedberg
文献 Blood
要旨 限局期のdouble-HIT lymphomaではR-CHOP+IFRTでも十分?

日付 2017年9月15日
担当 藤下 惠悟
タイトル Association between anti-thymocyte globulin exposure and survival outcomes in adult unrelated haemopoietic cell transplantation: a retrospective, pharmacodynamic cohort analysis
PMID 28330607
著者 Admiraal R
文献 Lancet Haematol
要旨 ATGの至適投与量は体重あたりでなく投与前のリンパ球数あたりで決めるべきでATGの累積投与量は 400+350×リンパ球数(10^3/μl)と計算することが出来る。 ただしUR-PBSCTで前処置がRISTの時

日付 2017年9月22日
担当 町田 拓哉
タイトル Primary CNS Lymphoma
PMID 28640701
著者 Christian G
文献 JCO
要旨 CNS原発悪性リンパ腫も亜全摘で予後が改善する可能性あり、またMTX+temozolomideはMPVより効果が劣る可能性あり、難治例ではBTK阻害薬も有効

日付 2017年9月29日
担当 池内 一廣
タイトル  
PMID  
著者  
文献  
要旨  

日付 2017年10月6日
担当 岡 聡司
タイトル Outcomes of Lower-Risk patients with myelodysplastic syndromes without 5q deletion after faliure of erythropoiesis-stimulating agents
PMID 28350519
著者 S Park
文献 JCO
要旨 若年男性で初診時のHbが低く鉄芽球・芽球が増加しているときはESAが効きにくい、またESA不応の時は2次治療は1/4程度しか奏効せずAzaやLENも生存を改善しない

日付 2017年10月13日
担当 藤澤 佑香
タイトル Rituximab after autologous stem-cll transplantation in Mantle-cell lymphoma
PMID 28953447
著者 S.Le Gouill
文献 N Engl J Med
要旨 DHAPによる大量化学療法後自家移植を施行したMantleリンパ腫の患者で移植後にリツキシマブ維持療法(2ヶ月毎・3年間)を加えるとPFS・OSが改善する

日付 2017年10月27日
担当 加嶋 憲作(PT)
タイトル A controlled randamized study examining the effect of exercise therapy on patients undergoing hematopoietic stem cell transplantation
PMID 19597418
著者 FT Baumann
文献 BMT
要旨 移植期間中の20分程度の運動によって筋力低下を抑制できるだけでなく肺機能の低下を防止できる可能性がある(ただし呼吸機能に関しては統計的に有意ではない)

日付 2017年11月10日
担当 町田 拓哉
タイトル Lenalidomide maintenance after autologous Stem-Cell Transplantation in newly diagnosed Multiple Myeloma: a meta-analysis
PMID 28742454
著者 Phlip L
文献 JCO
要旨 自家移植後のLEN維持療法でPFSだけでなくOSも延長し、2時癌や2次治療にも影響を及ぼさない。LENを含む regimenで移植できた症例で最も有効で逆にLDH高値・CCr低値・高リスク染色体ではOSは改善しない

日付 2017年11月17日
担当 今井 利
タイトル prognostic index for chronic and smoldering-type adult T-cell leukemia-lymphoma
PMID 28515095
著者 Hiroo K
文献 Blood
要旨 慢性型・くすぶり型のATLLに関してはsIL-2R(低リスク:≦1000、中間リスク:1000~6000、高リスク>6000、生存中央期間:未達、5.5年、1.6年)で予後分類することが出来る

日付 2017年11月24日
担当 藤下 惠悟
タイトル Fludarabine and Busulfan versus Fludarabine, Cyclophosphamide, and Rituximab as Reduced-intensity Conditioning for allogenic transplantation in follicular lymphoma
PMID 29032272
著者 Naredranath E
文献 Biol of blood and marrow transplant
要旨 濾胞性リンパ腫におけるRICでの同種移植ではFCRによる前処置の方がFlu-Buと比較して慢性GVHDが少なく移植成績も(化学療法感受性があれば)3年OS81%、PFS74%と良好

日付 2017年12月1日
担当 池内 一廣
タイトル BDR in newly diagnosed patients with WM: final analysis of a phase 2 study after aminimum follow-up of 6 years
PMID 27872060
著者 Maria G
文献 Blood
要旨 WMに対してはBorを加えることで即効性の効果を得て7年OS66%を得られる

日付 2017年12月8日
担当 岡 聡司
タイトル Double-Hit Large B cell lymphoma
PMID 28952038
著者 Khelfa Y
文献 Curr Oncol Rep
要旨 DHLに対してR-CHOPより治療強度の高いregimenではPFSのみ改善するがup frontの自家移植はPFSも改善しない(DA-R-EPOCH+LENが有効?)

日付 2017年12月15日
担当 田邊 (研修医)
タイトル Clinical impact of hyperglycemia on days 0-7 after allogeneic stem cel transplantation
PMID 28319076
著者 A Kawajiri
文献 BMT
要旨 移植後0-7日目の血糖が高値(>110mg/dL)であるとDMがなくても感染・臓器障害・Ⅲ-ⅣのaGVHDが増加しNRM・OSが低下する

日付 2017年12月22日
担当 安田(研修医)
タイトル Safety and efficancy of mogamulizmab in patients with adult T-cell leukemia-lymphoma in Japan: interim results of postmarketing all-case surveillance
PMID 28597329
著者 K Ishitsuka
文献 Int J Hematol
要旨 Moga市販後の全例調査報告:合計8回以上の投与で皮疹が増加、moga投与後90日以内に移植をすると約50%でaGVHDをおこし半分は重症aGVHD